ペットの悩みどころ

猫の方が犬より高額?トリミング料金の気になる算出方法


猫のトリミング

トリミングショップ選びをするとき、近くに新しいトリミングショップがオープンした時、まずは価格、サービス内容を比較検討するでしょう。
この時、意外に店ごとに金額設定の差があり、どちらを選ぶべきか迷うものです。ここでは気になるトリミング゙料金の算出法をご紹介させていただきます。

犬より猫の方が高額設定なのはなぜ?

大抵のトリミングショップでは犬のトリミング料金よりも猫のトリミング料金が高額に設定されています。
中には長毛種の猫の全身カットに15000円、20000円と驚くほど高額な設定を行っている店もあります。

気になってはいるものの、なかなか聞くことが出来ないこの金額設定の意味は、猫の方が作業時間、人件費がかさむという理由が関係しています。

一般的にプロトリマーと呼ばれる方々は1頭の犬のシャンプー、カットの作業すべてを一人ですべて完了させます。
時には3時間、4時間と作業時間が長くなり、休憩もせずに継続して行う事もありますが、犬に負担をかけないためにも基本的には全て作業を一貫して行います。

しかし猫の場合、特殊な軟体性と突発的な行動のため、作業をするには猫の四肢、体を固定するためのトリマーが1名、実際にバリカンでカットをするトリマーが1名と2人体勢での作業が必要になります。
つまり同じ所要時間でも犬に比べ倍の人件費が必要になるのです。

また猫は、一見おとなしくトリミング作業を受け入れているように見えても、ほんの一瞬の隙を見て脱走をすることがあります。
もし扉の開閉のタイミングで屋外に脱走をしたり、他犬の声に興奮をしたりという事があっては一大事ですから、店によっては猫の作業中は貸し切り状態にせざるをえないこともあります。

このような理由から、猫のトリミング料金はとても高額に設定されることが多いのです。

猫のトリミング

プードルの方がラブラドールより高額なのはなぜ?

猫についで高額な料金設定となるのがプードルです。
プードルのカットはプロトリマーの中でも上級テクニックを必要とする高度な仕事です。

またトリマーそれぞれの個性が大きく表れる作業でもあります。
世間でカリスマトリマーと称される方の中には、プードルのカットを20000円、30000円という金額で請け負っている方もいるほどです。

このプードルに比べ、大型犬のラブラドールは半額ほどの料金設定の場合があります。
大型犬なのにと感じることもあるでしょうが、実はこの違いは単なるサイズの違いではなく、トリミング途中の工程に意味があります。

プードルの場合、シャンプー後のドライヤーでいかに被毛をまっすぐに伸ばしブローをするかでその後のカットラインの仕上りが大きく変わります。
全身を均一にかつ短時間でブローをするテクニックは見習いトリマーでは不十分なほど難しいテクニックが必要になります。
その為、ドライヤーのために1時間もトリマーが付きっ切りで作業をすることも珍しくありません。

しかしラブラドールの場合、シャンプー後はタオルドライをし、BOX型ドライヤーに入り、中でおとなしくくつろいでいてくれるだけでしっかりと乾燥が完了します。
つまりトリマーが付きっ切りで作業をする時間は30分ほどで済むのです。
この違いがそのまま価格設定に反映されている結果が大型犬が安く、小型のプードルが高いという価格設定のからくりです。

プードルのトリミンング

大型店と個人経営店では大型店の方がサービスがいい?

トリミングショップには大手企業が運営する全国チェーンの店舗もあれば、トリマーが自宅を改装し個人で運営をする小規模な店舗、移動式の専用車で顧客宅を訪問するスタイルなど様々な種類があります。

この時、大抵の場合、大型店舗の料金設定は高額で、個人経営の方が安価に設定されています。
大切な家族である愛犬を託すのですから、安全な作業かどうかは大切な判断基準ではありますが、実は必ずしも料金設定が高額なことが安全の保障ではありません。

大型店舗の場合、物件の賃料、光熱費、広告宣伝費など店舗運営には相当は経費が生じます。
この経費を回収するためには当然のことながらトリミング料金に上乗せする必要があります。

でも地域密着で小規模な店舗を運営している場合や自宅を改装している場合、このような莫大な経費を上乗せする必要がない分、実質の作業費だけで価格を設定することが出来ます。

つまりどちらの店舗も実質的な費用は変わらないものの、添加する費用がどれだけあるかという違いなのです。
地域密着で店舗を運営するには、確かな技術と丁寧な接客、プロとしての姿勢が求められます。
トリマーの世界は看板よりも人柄と言われる世界ですから、ぜひお気に入りのお店を見つけてみてください。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる