ペットの皮膚トラブル全般

犬の毛の色が変わる!?不思議な犬の毛事情


トイプードル 毛の色が変わる

気が付けば犬の被毛の色が変わってしまったという事があります。
レッドだと思い購入したはずのプードルがクリーム色に、ホワイトだと思い購入したチワワが茶色にとこのような被毛の変色に関する不思議についてここでは取り上げてみましょう。

プードルの中間色は退色する傾向あり

実はトイプードルの毛色は成長と共に退色する傾向があります。
中でも中間色と呼ばれる

  • レッド
  • アプリコット
  • クリーム

はその傾向が強くみられます。

トイプードル 毛の色が変わる

トイプードルは本来、ブラック、シルバー、ホワイトが犬種本来の毛色です
その後様々な繁殖を経て、近年になってレッドなど新たな毛色が誕生しています。
その為、この新たに誕生した毛色は色素が不安定で、誕生時の毛色の色が成長と共に退色をしてしまうのです。

ただこの退色に関しては、その理由や原因が明確にされていないままです。
日々の食事、栄養状態、親からの遺伝など様々な理由が挙げられていますが、なかなか特定ができない上に、その回避法を見出されていません。

中には生後1月半の時点では鮮やかなアプリコットカラーであったものの、生後半年を過ぎるころにはクリーム色に変化してしまっている場合もあります。

トイプードルは、その毛色によって販売価格が大きく異なるので、中には退色後の毛色にガッカリしてしまう、予定していた繁殖を見送らざるをえないという声もあります。

ペットショップでは販売の時点で退色の有無を予測できない上に、必ずしも両親と同じ毛色に落ち着く補償もありません。
その為、生後1,2か月の販売時点での毛色を基準に販売価格が決定されることを承知しておく必要があります。

また退色は生後半年ほどで止まる場合もあれば、生後2,3歳までゆっくりと続く場合もあります。
いずれの場合も事前の予測、予防ができないこと、プードル特有の性質であることを理解してあげることが必要です。

ただしトイプードルのシルバーだけは退色ではなく正式な成長過程として認められています。
トイプードルのシルバーの子犬は生後1月ほどまでは完全なブラックの被毛をしています。
その後成長と共に被毛が徐々に変化し、生後半年ほどでシルバーの毛色に変化します。

このシルバーの毛色はその後の成長過程において更なる退色をすることはなく、生涯シルバーのまま維持します。
シルバーの毛色を持つ子犬とブラックの毛色を持つ子犬との見極めは、シルバーの毛色に変化する子犬は、地肌の色もシルバーカラーをしています。

そのため、生後2か月ほどで、子犬の顔をバリカンでそり、プードル特有の顔立ちになるようカットを済ませ、地肌を見せた状態で販売がされることが大半です。
ブラックの子犬はある程度の退色はあるものの、完全なシルバーになることはないので、この点にこだわりがある場合は事前に地肌の確認をするとよいでしょう。

チワワ、パピヨンは加齢と共に色柄が明確に

プードルと異なり、大抵の犬は成長と共に色素が強くなります。
例えばチワワは成長共に色素が濃くなり、淡いクリーム色であった子犬の時期の毛色が成長後は茶色になる場合もあります。

またパピヨンやシーズーの場合、成長と共に色素が濃くなり、色柄が明確になります。
中には子犬の頃には気が付かなかった模様が成長と共に現れることもあります。

またマルチーズは成長と共に体の一部分の毛色だけが色濃くなることが多くみられます。

このように、犬の毛色は成長と共に何らかの変化がみられるという事を受け入れてあげることが大切です。
中には、テレビやCMで見かける犬の姿に、自身の犬を比較し、色合いの違いから血統証の有無を疑ってしまうという方もいますが、あくまでも撮影用にライトを浴び、人工的な加工が或ることを前提に受け入れる必要があります。

犬の毛の色が変わる

被毛の変化に健康上の問題はありません

成長と共に色素が濃くなり、被毛の色の変化がみられるものの、犬の健康上特段支障はありません。
中には何等かの病気のサイン?と不安になってしまう方もいますが、被毛の色の変化を原因とする病気は特定されていません。
この変化は人間も年齢が上がるにつれてシミなどの悩みが生じることと同じを考えてあげましょう。

中には、バリカンで全身の被毛を短く切りそろえたり、サマーカットをしたことでその後生えそろった被毛の色が濃くなったという声もあります。
このケースも明確な理由が特定されておらず、バリカンで皮膚に刺激を与えたことが原因、すでに被毛の根本付近の毛色が色濃くなりつつあったなどいろいろな意見があります。

犬の被毛の変化は、見方によっては残念と感じてしまう事もありますが、健康上支障がない事を何よりと考え、前向きに受け入れてあげましょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる