ペットとおでかけ

まさかの熱中症!!知っておきたい応急処置法


暑さにうなだれ横たわる子犬

暑い時期が近づくとたびたび耳にする熱中症の話題ですが、心のどこかで我が家は大丈夫と思っていませんか?犬は人間のように汗を掻くことが出来ない動物です。思いもよらない場面で熱中症を起こすことがあります。もしもの時に備え応急処置の手順を知っておくと安心です。

愛犬の行動や表情に異変を感じたらまずは体を冷やす

川に入り水飛沫をあげる犬犬が熱中症を起こす場面は、

  • 散歩からの帰宅後
  • 屋外遊びの後
  • 留守番中
  • キャリーバックで移動をしている時
  • 車内にキャリーバックに入れ同乗させた時
  • シャンプー後のドライヤー中
  • 夜間の家族の就寝中(夜間にエアコンを使用せず就寝してしまう場合)

などです。

実は意外に多いケースは毎日の散歩直後です。

暑い時期は散歩に出かける時間に注意したり、散歩ルートを短縮したりと工夫をするでしょう。しかし、それでも熱中症は起こってしまいます。暑い季節のアスファルトからの反射熱は人間が想像している以上に過酷です。朝方早めの時間でもすでにアスファルトは熱を帯びています。

小型犬など体高の低い犬は腹部全面でこの反射熱を至近距離で受け止めています。その上運動によって自身の体温も上昇するので体は異常なほどの高温になります。

散歩中は犬も何とか自宅まで帰り着こうと気持ちが張り詰めていますが、いざ帰宅した途端に限界を迎え倒れこむことがあります。

倒れこまないまでも長く舌を垂らし荒い息遣いを見せる場合も大変危険です。

もし愛犬の息遣いや行動に異変を感じたらすぐに体を冷やし応急処置を施してあげましょう。

冷やす方法は

  • 扇風機を稼働し風の流れを作る

(風が犬の体に直接あたりすぎてしまうと体を冷やしすぎてしまうので、愛犬の体の上を風が通り抜ける程度が目安です)

  • 保冷剤を首、内股、脇に当て主要な血管を冷やす

(アイスマクラや氷嚢、冷やしたタオルでも代用できます)

  • 全身にタオルをかけ、上から冷たい水をかける

(重度な場合の応急処置です。水が直接体にかかると衝撃があるのでタオルを使用し緩衝材にします)

中、大型犬であれば浴室に連れて行きシャワーをかけてもよいでしょう。

ただし、くれぐれも貯め置いた水の中に愛犬の体を漬けてはいけません。

水をはった桶や浴槽に入れてしまうと足裏の汗腺がふさがれてしまい、自身が持つ冷却機能を活用できなくなるためです。

水を使い体を冷やす時は必ず水はけのよい場所で行いましょう。

水を飲んで!!は無理で危険な方法です

水分補給する犬人間が熱中症を予防するためには水分と塩分の補給が必須です。

もちろん暑さでめまいを感じた時もまずは水分を飲み体を休ませます。でもこの方法は犬には必ずしも最適ではないことを知っておいてあげましょう。

暑さで体温が過剰に上昇し、舌をだらりと垂らし何とか体温を下げようとしている犬の前に水を差しだしても自分からは口をつけようとはしません。

これは水が気に入らない、喉が渇いていないからではありません。

犬は出来る限り大きく、回数を多く呼吸をすることで何とか体温を下げようと必死になっているので、落ち着いて水を飲む余裕がないのです。

水を飲めば落ち着きを取り戻し、不足している水分の補給にもなりますがなかなかそのような理解は難しく、しつけや飼い主の指示では行動出来ません。無理に愛犬の口に水を流し込めば水が肺に流れ込む危険もあります。

このような場合は決して無理強いをして飲水を強要するのではなく、体の冷却を優先してあげましょう。氷で体を冷やしたり、涼しい場所へ移動させ休ませたり、過剰に犬を刺激しないことが大切です。

犬が次第に平静を取り戻し始めたら自ら水を飲み始めます。自ら水を飲むことが出来れば犬が平静を取り戻し、体調が回復したサインでもあります。

水は熱中症の症状が出てから飲ませるのではなく、症状の予防のために事前に摂取をさせましょう。

散歩の途中やドライブの最中に適度に休憩を取り水分補給をさせておくと安心です。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる