ペットの肌トラブル対策

犬の低温やけどに要注意


犬の低温火傷

寒い季節、犬がヒーターの前を独占しているという事はありませんか?
ぐっすりと気持ちよさそうに眠っている姿をつい微笑ましく眺めてしまいがちですが、実はこの時、愛犬は低温やけどの危険にさらされていることを知っておいてあげましょう。

被毛があるから大丈夫ではありません

犬は被毛で覆われているからと、つい低温やけどとは無縁と考えてしまいがちですが、実は犬のお低温やけどは毎年症例が増えています

その理由はあまりに室内が快適すぎるという事です。

日ごろ家族が使用しているファンヒーターや電気ストーブなどは、広範囲の温める事、至近距離で長時間過ごさないことを前提に設計されています。
でも犬達は人間であれば暑くて数分で移動してしまうほどの至近距離でぐっすりと眠りこんでしまいます。

犬の低温火傷

こたつ湯たんぽも同様で、人間であれば連続使用で暑さを感じた場合、自ら体の位置を変えたり、温度設定を調整することを前提に開発されていますが、犬の場合この機能がうまく働かずについ寝入ってしまうのです。

その結果、長時間をかけてゆっくりとやけどが進行し、低温やけどの症状が起こります。
高温で瞬時に痛みを覚えるやけどと違い、低温やけどは進行がゆっくりと中にはやけどを負っていることを犬自身が認識できていないこともあるほどです。

このような低温やけどに関するトラブルは主に高齢犬に多くみられます。
高齢になり運動量も減り、昼寝の時間が増える事が関係しています。

寒い季節に暖房機器を使用する際は、犬自身では正しく使用時間、場所を管理できないという事を家族が十分に気にかけ、サークルやゲートを設置し愛犬が必要以上に近い場所で寝入ってしまわないように工夫をしてあげましょう。

低温やけどを負った場合の症状

犬が低温やけどを負った場合、患部付近の被毛が焦げる、皮膚にやけどの跡ができている、患部を犬が噛んでしまい出血をしているなどその程度によって症状が異なります。

ただこの時、被毛は驚くほどに高温になっていて、飼い主が触れた瞬間にその熱を感じ驚くでしょう。
犬の皮膚は被毛により覆われ、保護されています。特に冬の寒い季節は綿状の下毛が密集し、体の放熱を予防しようとします。
この下毛はヒーターやこたつ、湯たんぽの熱を必要以上に内部に閉じ込めてしまい、放熱をしにくいので、気が付けば低温やけどを引き起こしてしまいます。

また高齢犬の場合、被毛の量が減り、薄毛になったことでヒーターなどの熱が直接皮膚にあたり、低温やけどになることもあります。

低温やけどの症状は

  • 皮膚が赤くなっている
  • 被毛が焦げ、患部周辺が脱毛している
  • 皮膚がジュクジュクとした状態になっている
  • 患部がただれ、血がにじんでいる

などがみられます。
低温やけどは瞬発的な痛みを伴わないことから、家族が見逃してしまう事もありますが、同じ場所で毎日生活をする、昼寝をする習慣がついてしまっていると繰り返し患部に熱が当たり、症状が悪化してしまいます。

また家族の発見が遅れてしまうと患部の不快感から犬が患部を掻く噛むという事もありさらに症状を悪化させてしまいます。

犬がかゆがる

犬の低温やけどの応急処置と治療法

まずは患部の応急処置のために早急に冷やすことが必要です。
自宅に食品の持ち帰りに使用する小型の保冷剤やスポーツの負傷時に使用する冷却材がある場合はガーゼや薄手のタオルでくるみ、患部にやさしく当ててあげましょう。
もし患部を刺激されたことで犬が痛みを訴えたり、嫌がる場合は無理強いをせずにそのまま動物病院へ搬送しましょう。

この時、市販の人間用冷却用スプレーは使用してはいけません。スプレー材の成分が傷口に刺激を与え、かえって症状を悪化させてしまいます。

もし患部が広い場合は流水での冷却も効果的ですが、患部に直接水流が当たり、痛みを与えないように注意してあげましょう。
冬の場合は流水をかける事で風邪をひかせてしまうこともあるので、流水は患部だけに限定してあてる事、体を濡らした後はタオルでくるみ体温の低下を注意しつつ動物病院へ搬送をしましょう。

高齢犬の場合はあえて流水を使用せずに早急に搬送しましょう。
この応急処置を平行して動物病院に連絡をし、緊急対応の旨を依頼しましょう。

犬はとても痛みに強い動物で、時間が経過する共に落ち着きを取り戻し、平然とした態度でいるほどです。
でも、皮膚の内部にまで進行している低温やけどは表面のケアだけでは完治したとはいえず、かえって危険な状態になります。
必ず動物病院を受診し適切な処置と薬剤の処方を受けましょう。

もちろん人間用の市販薬の利用は厳禁です。
犬は人間よりも皮膚が薄く、皮膚組織もデリケートです。
人間の薬剤では刺激が強すぎてしまうので注意しましょう。

寒さ対策に販売されている家電製品は、あくまでも人間の使用を前提としているので、愛犬には思わぬ危険があることを心がけておきましょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

自慢したくなるペット雑学

人気記事

ページの先頭へもどる