ペットの皮膚トラブル全般

食器や首輪も注意!犬の金属アレルギー


犬のアレルギー

犬のアレルギーと聞くと牛や豚、トウモロコシなどの食材を思い浮かべますが、実は犬にも人間同様に金属アレルギーがあります。
症例数はごくわずかですが、この症状は日常的に金属との摂取を避けることが対処法となります。

犬のアレルギーは食事だけが原因ではありません

アレルギーと聞くとドッグフード、添加物を真っ先に思い浮かべ、低アレルギー製品、高品質なドッグフードなどを購入し、愛犬の症状改善に努めるでしょう。

でもなかなか症状が改善しないアレルギー、原因が特定できない血液検査に次第に家族も悩みが大きくなり、犬の症状も悪化する一方という事もあります。

実は犬のアレルギーは食材だけに原因が限りません。
症例数は少ないものの、

  • 金属
  • ノミ
  • ダニ
  • 除草剤
  • 花粉

などに体が反応し発症するケースもあります。

これらの症状は、発症する季節が限られていたり、発症が体の一部分だけにとどまることも多く、なかなか原因の特定が難しいとされています。

その為、治療方法も原因が不特定なままで、ステロイドでかゆみだけを強制的抑えるなどの対処療法が用いられがちです。
原因不明なままで薬剤を多用したり、長期間服用を続けるという方法は犬の内臓機能に悪影響をもたらし、いつまでも先の見えない手探りの状態を招きます。

治療には飼い主からの意見や提案、日常生活の気づきもとても大切です。
食材以外の可能性が或ることをきちんと把握しておきましょう。

犬の金属アレルギー

犬の食器がトリガーだった例

  • 犬の口、鼻の周り(まずる)にだけ脱毛、湿疹、かぶれの症状がみられる
  • 首、肩甲骨のあたりにだけ皮膚トラブルが目立つ

という場合には、その原因が金属にあることもあります。
ステンレス製食器を使用している、首輪ハーネスの留め具に金属が使用されている場合などにみられる症状です。

金属と日常的に接触する部位はアレルギーによる拒絶反応が起き、被毛が抜け、皮膚が黒ずみます。
もちろんかゆみもあり、犬が頻繁に掻きむしることもあるでしょう。
ただ症状が体の一部分に限られる場合が多い上に、食事に気を使っている場合、金属がその原因になっているとは考えつかないことが多いものです。

金属アレルギーの特徴は金属が触れた部分に顕著に症状が現れることです。
そのため食欲もあり、元気で便の状態もよいので、一過性の怪我や体質と軽くみられてしまう事もあります。

この症状は人間の金属アレルギーととてもよく似ていて、ピアスや指輪、ネックレスなど皮膚に直接触れた部位にだけかゆみやあかみが起き、皮膚から遠ざけると次第に症状が治まります。
犬の場合も同様ですが、食器や首輪など日常的な接触を繰り返すことで症状が緩和されずに、脱毛などの悪化を見せます。

犬のアレルギー、かゆみ、脱毛がなかなか改善しない場合には、患部に触れる素材、製品など思い当たる物をまず挙げてみましょう。

犬の金属アレルギー 食器や首輪の金具に注意

血液検査の項目に含まれていないことも

犬のアレルギー発症率が上がる中で、アレルギーの発症、軽減のために動物病院で血液検査を手軽に受けることが出来ます。

この検査では犬から微量の血液を採取し、様々な物質との反応を調べ、一定の数値を越えた物質はアレルギー発症リスクが高いと分類され、今後の生活からの除去を指導されます。
ただし実はこの検査は犬が一般的にアレルギーを起こす可能性のある物質をあらかじめ指定し、血液との反応を確認する検査です。

つまり検査結果に表示されていない物質はすべて安心という意味ではなく、場合によっては最初から検査項目に含まれていなかったという可能性もあるのです。

食器や首輪に使用される金属はアレルギー発症率が低いこと、金属の種類が多様なことから検査項目にあらかじめ含まれていない場合もあります。
そのため顕著な症状が発症してからその原因究明のために指定されることもあります。

同じ犬種での発症事例が報告されている場合、親兄弟犬に金属アレルギーと思われる症状がみられる場合は、血液検査を受ける際にその旨を事前に申し出て、検査項目に追加をしておくと安心です。

症状の改善には時間がかかります

アレルギーの原因が判明し、生活環境を改善した場合でも、犬の症状が目に見えるほどに改善されるまでには、数週間、数か月と長い期間がかかります。その為、中には

  • 対処法が間違っているのではないか?
  • 薬が体に合わないのではないか?
  • サプリメントの量や種類を増やしたほうがいいのではないか?

と様々な方法で試行錯誤さえる方もいます。
でも皮膚は体のもっとも外側に位置する機能ですから、症状、体質の改善には、まず体内機能が正常化され、そのうえで皮膚、被毛にまで効果がみられるようになります。
特に一旦刺激やかゆみ、脱毛で傷ついてしまった皮膚は改善するまでに相当な時間がかかります。
壊れてしまった皮膚組織を回復することはとても大変なことだからです。

犬の症状緩和、ストレスの軽減には、安易に様々な方法を入れ替わり、立ち代わり利用するのではなく、信頼のおける獣医師、薬剤、製品を活用し長い目で取り組んであげることも大切です。

方法を切り替えるタイミングは症状の悪化がみられた時と考えておくとよいでしょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

自慢したくなるペット雑学

人気記事

ページの先頭へもどる