ペットの皮膚トラブル全般

購入直後に子犬が皮膚病を発症した場合の対処法は?


購入直後の子犬の皮膚病

購入直後の子犬の皮膚病

ペットショップから子犬を購入した直後、あまりの可愛らしさにお世話の大変さも気にならないほどでしょう。
でも中には元気一杯の時期である子犬期に体調を崩したり、皮膚トラブルを抱えている子犬もいます。
もし家族に迎えた直後の子犬に皮膚トラブルが見つかった場合どのような対処法があるのかを知っておくと安心です。

購入直後に見られる不調には2つの種類があります

ペットショップから子犬を家族に迎えた直後に子犬が体調を崩す場合が多々あります。

  • 食欲不振
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 鼻水、くしゃみ
  • 発熱

などですが大抵は生活環境の大きな変化によるストレスや風邪が原因で、一週間程で次第に完治に向かいます。
中には先天性疾患伝染病の感染、寄生虫などの深刻な理由が関係している場合もあるので不調が長引く時、症状が日々悪化する場合はすぐにペットショップ、提携動物病院を受診しましょう。

上記のような症状の大半は発症までの期間が非常に短く、中にはペットショップで午前中には元気だった子犬が午後には体調を崩すという事もあるほどです。
その為、原因の特定もスムーズで的確な対処をする事も出来ます。

一方で症状に緊迫性を感じないことから症状に気がつくのは遅れがちなトラブルが皮膚です。
購入後1,2カ月はシャンプーを控える上に、生後間もない子犬のブラッシングをする機会もないことからアカラス真菌といった深刻病気を見逃してしまいがちです。

これらの皮膚トラブルは感染の原因が犬舎や親犬、ペットショップにある事もあるので早期発見早期対処が必要になります。

購入したペットショップで相談

ペット保険適用外になることも

子犬を家族に迎える時、ペット保険への加入を多くのペットショップが推奨しています。
今やペット保険も相当な商品数があり、その補償内容も各社様々です。
人間の保険に比べ自由度が高く、保険料の設定もはばが拾いので選択肢が多い反面、加入者の思いこみ、誤解による問題も多発しています。

ペット保険に加入する場合は

  • 補償の対象となる病名
  • 補償される金額
  • 治療費の支払い方法(飼い主の立て替え払いが必要かどうか)
  • 加入している動物病院、利用が可能な動物病院が限定されるのかどうか

をきちんと確認しましょう。

一般的にペット保険では、先天性疾患保険加入前に考えられる病気に関しては補償の対象と定められています。
子犬の場合、購入後の下痢や嘔吐、食欲不振など環境の変化に関係し急激に起こる症状は補償の対象となるものの、購入直後の皮膚トラブルは購入前の感染、発症が考えられると判断されることもあります。
この点も保険契約の前にきちんと確認をしましょう。

可愛い子犬を家族に迎える時、中には人生で初めて犬を飼うという方もいるでしょう。
そのような状態で犬の皮膚の状態を的確に見極め、病気の有無を判断することはほぼ不可能です。
自身の飼育経験、知識と照らし合わせどのような補償が適しているのかを検討してみましょう。

ちなみにもし子犬にアカラスや真菌など感染性の高い皮膚トラブルが見つかった場合、完治するまでには半年から一年程の期間を要することがあります。
症状の発見が早期であれば数か月で完治に向かうこともありますが、発見が遅れ全身に症状が拡大している場合は長い目で治療に取り組む必要があります。
この間、一般的なトリミングショップは他犬への感染の危険性がある為利用が出来ず、自宅で薬用シャンプーを利用しお手入れをするもしくは動物病院に併設のトリミングショップに事情を説明したうえでカットを依頼するという流れになります。
治療は服薬と薬用シャンプーで患部の滅菌をくり返し行います。治療費は犬のサイズにより前後しますが総額で数万円単位になるでしょう。

まずは販売元のペットショップに相談を

購入後間もない時期の発症、購入前の感染が考えられる症状を見つけた時はまずは購入先ペットショップに相談をしましょう。
ペットショップが動物病院と提携をしている場合、治療においても費用面、手間の面で協力を得られることがあります。

ペットショップの交渉の場には基本的には犬を同伴させず、動物病院で発行された書面を持参しましょう。
むやみに犬を同伴させる事は他犬への感染拡大の恐れがあります。
また抱き上げたり、車に同乗させる事でアカラスや真菌の病原菌が人間へも感染拡大する危険もあります。
交渉の場には書面や写真をまず提示することから始めるとよいでしょう。

子犬の体調はとてもデリケートでか弱いものです。体調不良や気になる事があればできる限り早期に動物病院に相談をしましょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

自慢したくなるペット雑学

人気記事

ページの先頭へもどる