自慢したくなるペット雑学

インスタ映えする犬の写真の撮り方


犬のカメラ目線撮影

犬を家族に迎え、これからは愛犬を被写体にカメラ撮影を趣味に、インスタ映えする楽しい写真をと張り切っていたものの、いざとなると犬はカメラが苦手、カメラ目線になってくれないと諦めてしまっていませんか?
犬とカメラの関係を理解してあげると、これまでのお悩みをすっきりと解消することができます。

大きなレンズは巨大生物の証

なぜ我が家の愛犬はカメラをさけるのか、カメラ目線になってくれないのかと、雑誌やWEBでかわいらしい画像を目にするたびに切ない気持ちになりませんか?

撮影者がプロだから、犬のしつけが行き届いているからだけがその理由ではありません。
実は、犬の本能でカメラのレンズを拒絶しているからなのです。

犬はその本能から、相手の動物の目(眼球)サイズで相手の体の大きさを判断します。
たとえば小動物であれば、自身より格段に目が小さい存在ですから命の危険を感じることはありません。

同じ犬同士で対面した場合でも、小型犬、大型犬それぞれの眼球のサイズから相手の体の大きさを判断します。
この基準は人間にも当てはまります。
目の大きさで相手の体のサイズを判断し、危険かどうかを見極めているのです。

この本能を活用したうえで、一眼レフカメラのレンズサイズを想像してみましょう。
自然界にあれほど大きな片目を持つ動物はなかなか存在しません。
そのうえ、自身のことを正面から見つめ、姿を追い、時には強い光を発するのですから恐怖の対象そのものです。

犬は相手を攻撃する意思がないとき、相手に降参の意思を表明するときには相手から目をそらすという習性があります。
そのため、カメラのレンズを見ないという行動は、あれほど大きな目を持った動物に歯向かう意思がないという意思表示の現れです。

この行動あくまでも条件反射的な行動であり、決して激しく叱る、無理やり目線を合わせるという方法では効果なく、かえって犬をカメラ嫌いにしてしまうので注意しましょう。

犬のカメラ目線撮影

やや上に目線を合わせる

プロカメラマンやカメラテクニック上級者の撮影した写真は、犬がしっかりとカメラ目線で写っています。
これはモデルとなった犬がずっとカメラを見つめていてくれたということではなく、ほんの一瞬カメラを見つめた瞬間を逃さずに撮影できているという仕組みです。
この瞬間にシャッターチャンスを合わせることができるかどうかがテクニックなのです。

家庭で撮影をする場合には

  • 犬の注意をひきやすいように、風味の強いおやつを用意する
  • おやつをレンズの斜めうえあたりにかざし、犬の目線をおやつに集中させる
  • タイミングを逃さずに撮影をする

という方法に挑戦してみましょう。

おやつの位置を次第にレンズに近づけ、画像ではまるでレンズを見つめているかのように調整します。
この方法は人間でも同様で、相手の目を見ることが苦手な場合は、目ではなく眉間やこめかみを見つめるように意識すると無理なく目線を合わせることができるという手法と同様です。

どんなに訓練をした場合でも、犬が長時間レンズを直視するということはありませんから、撮影チャンスはほんの一瞬だということも覚えておくとよいでしょう。

レンズに近づかせることも効果的

また犬自身の警戒心を払拭し、楽しそうな表情で撮影をするためには、カメラに触れさせるという方法も効果的です。
レンズにカバーをつけ、犬がレンズやカメラ本体の匂いを嗅ぐことを自由にさせてあげましょう。
物体そのものから匂いがしないこと、動かない単なる物であることを理解するだけで、各段に表情が明るくなり、カメラの存在を意識することがなくなります。

犬のカメラ目線撮影

日常生活の撮影から練習を

カメラの向けられただけで犬が不快な表情を見せる場合には、まずはごくありふれた日常から撮影を重ねてみましょう。
目線を追うこともせず、犬の様子をただランダムに撮影します。
この練習を重ねることで、犬自身がカメラへの特別感をなくしてくれるので、撮影も家族の家事の一環のようにとらえてくれるようになります。

ただし犬の食事中、おやつタイム、大好きなおもちゃで遊んでいる最中は決して邪魔をしないように配慮してあげることも大切なことです。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる