自慢したくなるペット雑学

犬の諺(ことわざ)「飼い犬に手を噛まれる」の時代背景を探る


江戸時代の犬

犬にまつわる諺

犬にまつわることわざは数多くあり、すぐ思いつくところでは「犬も歩けば棒にあたる」「犬猿の仲」「飼い犬に手を噛まれる」などがあります。
ことわざが多いという事はそれだけ私達の生活の中に犬の存在が大きいという意味ですよね。
犬にまつわることわざは日本語だけでなく、海外でもその土地の文化に関係したことわざが多数あります。
今回は、犬にまつわることわざ「飼い犬に手を噛まれる」を時代背景から考察してみました。

「飼い犬に手を噛まれる」の今と昔

このことわざの本来の意味は、自身が目を掛け大切に接してきた相手から思いもよらぬ裏切りや反抗にあうという意味です。
相手を批判する意味合いが強く含まれています。

「飼い犬に手を噛まれる」ことわざが使われるようになった時代背景は明確ではありませんが、仮に江戸後期の平和な時代だとすると、当時は日本犬しかいない時代です。

テレビドラマや映画では、江戸城でマルチーズっぽい犬がペットとして飼われていた演出がありますが、あれは僅かに残っている絵巻物や掛け軸に描かれている犬を、「たぶん」的な見解で演出しているのでしょう。
鎖国時代で基本的に輸出入をしていなかった江戸時代に、日本犬以外の犬を庶民が飼えるわけありませんもんね。

江戸では純粋な日本犬は少なかった?

日本犬と言えば、柴犬、紀州犬、秋田犬、土佐犬等、地域に因んだ名前がついている犬が多いですが、おそらく江戸には、純粋な柴犬や秋田犬というのは少なかったと思います。

当時はまだ “ 犬の去勢 ” という概念はなかったでしょうから、江戸にはいわゆる「雑種」が多くいて、放し飼いにされている犬や、畑や荷物を荒らす狂暴な野犬も多くいたと想像します。

そんな時代に、飼い主はどうやって犬を番犬として手名付けたのか?
私にとって、ここが今回のミステリーポイントです(笑)

日本犬は飼い主に忠実

本来「日本犬」は飼い主に忠実で、「番犬」に相応しい気性や性格が多いと言われます。
家や飼い主を危険から守り、飼い主以外の人間に尾を振る事さえないほどに、当時の「番犬」は日本犬本来の特性が今よりも強く出ていたのではないでしょうか。

そもそも、江戸時代に「番犬」を飼えるのは、裕福な家だったはずです。
長屋住まいで「着の身着のまま食うのがやっと」な家庭が、残飯を犬に食べさせられる余裕はなかったでしょう。

江戸時代の犬

こう考えると、江戸時代の裕福な家庭で飼われていた犬は、番犬としてだけではなく、今の「ペット」に近い存在だったかもしれせんね。可愛がり、「お手」の芸も仕込んでいたかも?

すっかり手名付けに成功したと思っていた飼い主が、ある日、ガブっと犬に噛まれてしまった。このことわざのシチュエーション的にはこんなところでしょうか。

さんざん可愛がってやったのに噛みやがって!
二度とお前に飯は食わせねぇ、べらんめぇチキショウ!

飼い主の心情的にはこうですよね。
時代背景が変わっているとしても、私だったらこう思います。

「さんざん可愛がってやったのに」
「さんざん世話してやったのに」

こういう思いをした飼い主が当時たくさんいて、「犬っていうのはいくら可愛がっても本性をだすものだ」という認識が広まり、犬を飼ったことがない庶民にまで語り告げられ、ことわざとなって今に伝わったのではないでしょうか。

動物にまつわることわざは多く、どうしてそのことわざができたのか、できた時代はいつだったのかを考えると、人間と動物の関わりの変化がみえてきて面白いです。
特に「犬」と「猫」に関しては面白いので、また機会があったら考察してみたいと思います。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

自慢したくなるペット雑学

人気記事

ページの先頭へもどる