ペットの肌トラブル対策

犬にとっての最適な室温と湿度


犬の寒さ対策

ドラマやアニメ、歌などの影響からか、「犬は寒さ強い!」と思われているようですが、本当にそうなのでしょうか?
確かに犬は比較的寒さに強い生き物のようですが、犬種や育てられた環境などによっても寒さの感じやすさは違うようです。
家族の一員の愛犬には、寒い冬だって快適に過ごして欲しいというのは、飼い主なら誰しもが思うことですよね。
そこで今回は、寒い季節も愛犬が快適に過ごせるような犬の寒さ対策についてお話したいと思います。

犬の寒さ対策

犬にとっての適温とは

犬が過ごしやすいと感じる温度は、一般的には室温18℃~24℃前後といわれています。
もちろん、犬種や体格、育ってきた環境などにより多少の違いはありますが、これより気温が上がると暑さを感じやすく、下回ると寒さを感じやすくなるといわれているようです。

体温調節がうまくできない犬は、気温が低い環境に長時間いると低体温症になってしまうこともあります。
低体温症とは、熱中症の反対で、体が冷え切り、体温が低くなっている状態。
犬の体温は平熱が38.5度前後ですが、37度を下回るようなときには注意が必要。
室内犬であれば部屋の温度を上げ、室外犬であれば家の中に入れて温めてあげましょう。
このとき、体が濡れているようであれば、良く拭いてあげることも忘れずに。
必要に応じて、毛布を掛けたり湯たんぽを用意してあげたりすると良いですね。

また、気温と共に注意したいのが、湿度
最適な湿度は50%~60%くらいで、これを下回ると皮膚がカサカサしてフケやかゆみが多くなる乾燥肌を引き起こしたり乾燥した空気で呼吸器に負担がかかり咳や気管の炎症を起こしやすくなったりするようです。

犬が寒い時にする行動は?

次に犬の寒さ対策をするときに参考にして頂きたい犬が寒がっているときの合図をご紹介します。
言葉が話せない犬ですから、最適な寒さ対策のためにも仕草や行動でいち早く犬のSOSに気づいてあげることが重要です。

犬は寒さを感じると人間と一緒で、体を震わせたり縮こまったりといった行動をとります。
また、やたらと飼い主に体を寄せる、部屋の決まった場所から動かないといった行動も少しでも温かい場所に移動しようとする意志の表れのようです。

室外犬の場合は、犬小屋から出ようとしなかったり寒さを訴えるために吠えたりといった行動もみられます。
そのほか室内犬、室外犬を問わず水分の摂取量が減っている時も要注意。
寒さで生理的に水を飲まなくなっている可能性がありますが、水分不足は泌尿器系の疾患につながることもあるので、寒さ対策とともに少しずつでも水分を与えてあげましょう。

犬がさむがっている時の行動

犬の寒さ対策

それでは犬が寒さを感じていたら、具体的にはどのような寒さ対策をしたらいいのでしょう。

まず大切なのは、犬が過ごす場所を少しでも温かく快適な環境にしてあげることです。
寒い空気というのは、部屋の下に集まりやすいので、犬は人間よりも寒さを感じやすいといえます。
ホットカーペットや床暖房などを使ったり、ケージの中に毛布を敷いたりして、足元の寒さ対策をしてあげるといいですね。

また、眠るときには、寝袋を用意してあげたり湯たんぽを用意してあげたりするのもいいアイデアです。

お散歩の時にも寒さ対策を。
朝晩の寒い時間を避けて日光が出ている昼間に散歩する、犬用の防寒着を着せてあげるなど寒い日も快適にお散歩できるような工夫をしてみましょう。

寒さ対策というと部屋や体を温めることばかりに目がいきがちですが、乾燥対策も大事です。
先に述べたように犬にとって快適な湿度は、50%~60%。加湿器を用意したり保湿剤で乾燥しがちな肌をケアしてあげたりすると寒い冬でも愛犬が元気に過ごせるのではないでしょうか。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

自慢したくなるペット雑学

人気記事

ページの先頭へもどる