ペットの肌ケア特集

犬の健康肌を守るシャンプー周期の見極め法


犬のシャンプー周期の見極め法

犬のシャンプー周期の見極め法

我が家のゴールデンレトリバーは外でよく遊ぶので、少し頻度が高めの2週間に1度はシャンプーをしていました。
しかし動物病院に行くと、獣医から「少ない」との回答。

いったいどれくらいの周期が正しいのでしょうか?

犬種の特長を知ろう

ゴールデンレトリバーはもともとイギリス原産の犬で、水鳥猟でハンターが撃った獲物を回収するというお仕事をしていた犬です。

その名残は未だにあり、我が家のゴールデンレトリバーは水は大好きですし、散歩コースに川があるのですが、入りたそうにじっと川の方を見つめます。そして、なんでもかんでも口で運びたがる習性があります。

靴下や自分のご飯皿、公園に落ちている枝など。(「やめてー」と思う反面、その姿がたまらなく可愛くて愛おしい..)
そんな当時の名残のあるゴールデンレトリバーは、皮膚の脂の分泌が多いと言われています。

マラセチア症を患っているゴールデンレトリバーの場合

獣医から、脂の分泌が多いゴールデンレトリバーであることと、現在マラセチアの皮膚病がある状態では「2週間に1度では少ない」とのこと。「一週間に一度程度」が目安だと言われました。

犬はお風呂に入れすぎは良くないというのは常識だと思っていました。
しかし、犬種そのものの特長と現在の皮膚の状態をみたうえで考えるべきだったんですね。

猟犬として人に飼育されていた時はその脂分が活かされていたけど、家庭犬になった場合はその脂分が少し厄介だというわけですね。

洗いすぎのバロメーターは「乾燥」

ゴールデンレトリバー

また、獣医から「洗いすぎの場合、吹くから」とも言われました。
つまり、肌が乾燥して粉吹き状態になるということです。

地道にシャンプーを繰り返しましたが、大型犬でロングコートのゴールデンレトリバーを家でシャンプーして乾かすのは一時間以上かかる大仕事です。
結構な負担になりましたが、そこは頑張って続けて行きました。もちろんドライはしっかりとしました。

結局1週間に1度のシャンプーでも粉を吹くことはありませんでしたが、もし乾燥肌になったらと思うと気が気でなく、いろいろ情報収集している時に気になったペット用化粧水があります。

乾燥肌対策に準備しておきたいペット化粧水

ペット専用の無添加化粧水があることを初めて知りました。「アヴァンス」というペット化粧水です。
乾燥肌の予防だけでなく、いろんな皮膚病のスキンケアに役立つものらしいです。

レビュー写真が衝撃的で、同じ犬ママとして心を鷲掴みにされました。
このペット化粧水を試した皆さんは、おそらく相当なお悩みがあったはずです。
きっと藁をもすがる思いで試したんでしょうね、気持ちがすごくわかって、もしうちの子も乾燥肌になったら、このペット化粧水をすぐ使ってみようと、お気に入りに登録しています。
同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、みてみてください。
ペット用化粧水【アヴァンス】

私流シャンプーの選び方

犬用シャンプーは今、たくさんのものが売られていて、正直なにがいいのか私にはわかりません。
獣医さんから薦められたシャンプーを素直に使っています。

ただこれだけは言えるのが、洗い流してしまうものだからといって「洗えれば良し」という考えは良くないということ。

例えば、洗浄成分が石油系だったり、人工的な香料がプンプンきつかったり、リンスインなんて利便性を過度に求めているものだったり、私は使いたくありません。
自分に置き換えてみたらそうじゃないですか?
「ノンシリコンで洗浄成分はアミノ酸、天然香料のやつ。」私はドラッグストアでシャンプーを選ぶときに、こんな選び方をします。

犬の毛は、ひ弱の肌を守るためにある防波堤です。
その毛を洗うものは、やはり安心・安全なものを選びたいと思っています。

ちなみに、以前すごく衝撃的なシャンプーを使ったことがあります。
まず、色が緑色、ニオイがガムのようにきついシャンプーでした。
そう、それはまるでかき氷のメロンシロップそのもの!!
一度使って、すぐにサヨナラしました。

犬のシャンプー周期の見極め法【まとめ】

一般的に言われているシャンプー周期はあくまでも目安でしかなく、犬種の特長や肌の状況によって変えるべきなんですね。

素人判断で、多い・少ないを決めるのではなく、獣医さんやトリマーさんに相談して、家庭の事情やリスクを知ったうえで進めると安心だと思います。
特に皮膚病がある場合は獣医さんに小まめに相談してからの方が安心です。

シャンプーのし過ぎで乾燥肌になることも、良い勉強になりました。

この記事を読んで、少しでも皆さんのワンライフの参考になれば嬉しいです!

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

自慢したくなるペット雑学

人気記事

ページの先頭へもどる