ペットの肌ケア特集

犬のシャンプーは短時間で済ませてあげたい3つのテクニック


犬のシャンプー

犬のシャンプー

自宅で犬をシャンプーする時、出来れば短時間でスムーズに終わらせたい、シニア犬に負担にならないよう済ませてあげたいと思いませんか?
ここでは自宅シャンプーにオススメの時短テクニックをご紹介させていただきます。

リンス水を作って、事前ブラッシングで抜け毛を除去

シャンプーを短時間で終わらせるには、余分な抜け毛毛玉絡まりを全て先に取り除いておくことが大切です。

犬の被毛はとても細く柔らかいので絡まったままの状態で水分を含むとより固く結びつき、一枚のフェルト状になります。
こうなってしまうと、シャンプーをしても地肌をしっかり洗うことも出来ない上に、ドライヤーで被毛の根元からしっかりと乾かすこともできません。

このような手間を省くためには、犬の体をシャワーで濡らす前に「リンス水」を使ったブラッシングを済ませておきましょう。

リンス水を使った時短方法

  1. リンスを洗面器に入れ3~5倍程度に希釈します
  2. 愛犬の体にたっぷりと①を掛け流します
  3. 特に耳の飾り毛、脇、尾、後肢など被毛の絡まりや抜け毛の多い部位はしっかりと湿らせるほどに掛け流します
  4. ラバーブラシやプラスチック製ブラシなどで全身を優しくブラッシングします。毛玉や絡まりの目立つ部位だけはスリッカーブラシを使用してもよいでしょう
  5. ブラッシングを終え、抜け毛や絡まりを取り除いてから、全身にシャワーを掛け、残った抜け毛をすっきりと洗い流します
  6. その後、シャンプー、リンス、ドライヤーと進めます

ブラッシングは被毛が乾燥した状態で行うと、被毛が飛び散る、被毛が絡まり愛犬が嫌がりなどでなかなかスムーズに進まないものです。
でもリンス水を活用すると、ブラシのすべりがよくなる上に、抜け毛が湿った状態で集まるので片付けもとても簡単です。
一度で取りきれない毛玉や絡まりには、数回に分けてリンス水を流しかけ、被毛のすべりをよくするとスムーズです。

シャンプーは希釈してから、体にかける

犬のシャンプーの所要時間は

  • 小型犬5分以内
  • 中型犬10分以内
  • 大型犬15分以内

が目安です。この時間内で仕上げのリンスまで完了できるように進めましょう。

全身をしっかりと洗い、臭いや汚れをすっきりとさせたいと思い、つい長時間シャプーを泡立ててしまいがちですが、シャンプーをし、全身に泡を立てることで犬の新陳代謝は刺激され、心拍数も上がっています。
その上シャンプー自体にストレスを感じているので、飼い主の気がつかぬまに相当な負担が掛かっています。
特に自宅浴室でシャンプーを行っている場合、密閉した浴室内には蒸気が充満し、愛犬は息苦しさも感じています。

シャンプーを出来る限り短時間で効率的に終えるには、

  1. シャンプーの原液を洗面器に入れ、3~5倍に希釈する
  2. 希釈したシャンプー剤を全身に掛け流す
  3. 全身をしっかりと泡立てながら洗う
  4. 足先、尾先、脇腹など汚れが目立つ部位にだけシャンプーを原液で追加で付け加え洗う
  5. シャワーで洗い流す

シャワーで洗い流す時は、頭、背中、腹、足と体の高い位置から順に洗い流すと効率的です。

被毛が密集し、洗い流しが気になる部分は、シャワーヘッドを犬の体に密着させ、被毛の根元までしっかりとシャワーが行き渡るように工夫をしましょう。
顔周りや口を洗う時は、希釈したシャンプー剤を食器用スポンジに含ませ、軽く抑える様に洗うととてもスムーズです。
顔周りを洗う時は泡立ては控えめにし、指で軽くもみ洗いする要領がおすすめです。

犬の自宅シャンプー後の注意

水分吸収にはキッチンペーパーが便利

シャンプー後はしっかりとタオルドライをしましょう。
このタオルドライが如何にしっかりと仕上がっているかで、ドライヤー所要時間が大きく変わります。
タオルドライを終える目安は、犬が体を大きく振った時に水滴が飛び散らない程度です。

タオルドライの合間に、犬の耳元や鼻先に軽く息を吹きかけてみましょう。
犬は不快感を感じ、条件反射的に身震いをしてくれます。(ブルブル)
このブルブルで大抵の水滴を飛ばすことができます。小型犬であれば数回ブルブルをすれば十分です。
ただ足先や尾先は水滴が残り易いので、タオルでしっかりと拭きあげてあげましょう。

ドライヤーを掛ける時、顔、耳は犬がとても嫌がり、なかなか手間取る部分です。
プードルやシーズーの様に顔周りの被毛が長い犬種の場合、生乾きにすることで後から悪臭が漂うこともあります。
このような場合には、キッチンペーパーがおすすめです。

全身のドライヤーを終えてから、キッチンペーパーで耳の飾り毛や顔、目の周りの被毛を抑え込むようにして水分を吸収します。
キッチンペーパーなら使用後そのまま捨てることができる上に、水分の吸収も早くドライヤー時間を大幅に短縮することができます。
これまで、犬が嫌がるからと生乾きになっていた顔周りを驚くほど短時間で終えることができます。

ぜひこれらの時短テクニックで、自宅シャンプーを手軽に終えましょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

自慢したくなるペット雑学

人気記事

ページの先頭へもどる