ペットの肌トラブル対策

犬の「短めカット」は抜け毛に効果的なのか


長毛種の犬の抜け毛対策

犬の抜け毛に悩まされている飼い主さんは本当に多いものです。
カーペット、寝具、室内の思わぬところから抜け毛の塊が見つかり、なかなか終わらない掃除にストレスを感じることもあるでしょう。
抜け毛対策に、本来は長毛種の犬種を短くカットされる方もいます。
でも実はこの対策はかえって逆効果なのです。

毛が短くしても毛穴の数は変わらない

犬の抜け毛に悩み、本来「長毛種の犬種を短くカットして欲しい」、バリカンで「スムースコートの様に仕上げて欲しい」という要望がトリミングショップには多々あります。

代表的な犬種はミニチュアダックスフントやチワワ、ポメラニアン、シェルティなどです。

これらの犬種を短いスタイルにカットし場合、抜け毛が減ったという声もありますが、実際は単なる勘違いです。
被毛の長さが変わっても毛穴の数が変化するわけではないからです。

抜け毛が減ったと感じる理由は、長い被毛の場合、家族の洋服や寝具に付着した場合とても目立つものの、短い被毛の場合は、洋服に付着しても簡単に手で払う事ができるからでしょう。
ただ同じ本数の抜け毛があることには変わりはなく、短い抜け毛はカーペットの繊維や寝具の繊維に刺さり、絡まっているだけです。

抜け毛の量には変わりがないものの、本来の被毛のあるべき長さより短く切りそろえてしまう事で次第に犬の毛質は変化します。
柔らかかった被毛は硬く、ごわごわとした感触になり、場合によっては本来の長さまで生えそろわないこともあります。
中には毛色が黒ずみを帯びた色に変色してしまうこともあります。

抜け毛対策に効果があるという勘違いから、短いスタイルを繰り返している場合、実は効果がないこと、被毛が変質してしまうことも承知しておきましょう。

長毛種の犬の抜け毛対策

ブラシで取り除きにくいという面も

本来長毛種である犬をあえて短いスタイルにカットした場合、かえって抜け毛掃除が大変になることもあります。

短く切りそろえた被毛は、先端がとがり、硬い針状になります。
この硬い抜け毛は洋服やカーペットの繊維に突き刺さります。

抜け毛が長い場合は、指先で軽くつまみ取り除くことが出来ますが、短い被毛は繊維に絡まりかえって取り除きにくくなります。
こうなると掃除機や粘着ローラーも効果がありません。

もちろんブラッシングをしても、長い被毛ならブラシに絡めて取り除くことが出来ますが、短い被毛はそうもいきません。

抜け毛が減ると思っていたスタイルがかえって抜け毛の掃除を大変にしてしまうのです。

抜け毛対策に何より効果的な方法はブラッシングを正しく行う事です。
被毛の表面だけでなく、2層になっている下毛部分、抜け落ちたものの体に残留している抜け毛をしっかりと取り除き、家族の洋服やカーペットへの飛散を事前に予防することです。

こまめにブラッシングをしているものの、抜け毛対策に効果がないという声もあります。
その理由は、被毛の表面だけをブラシで撫でているにすぎないからです。
ブラッシングは被毛の表面でなく、根本部分にしっかりとブラシが到達させ地肌付近の被毛をかき分ける事がポイントです。

長毛種の犬の抜け毛対策ブラッシング

ドライヤー併用のブラッシングが効果的

ポメラニアンやシェルティなど、毛量が多く2層構造の被毛をしている場合、柴犬のように被毛の密集度が高い場合、なかなかブラシが被毛の根本まで行きとどかないものです。
このような犬種を自宅でブラッシングする場合は

  • ドライヤー
  • ピンブラシ
  • ブラッシングローション

を用意しておくと重宝します。

ドライヤーは冷風もしくは弱風を使用し、ブラッシングをする部位に風を当て、被毛が根本から広がるように使用します。
ブラッシングをする部位のブラシの先端部分に風があたるイメージです。
送風をしながらブラッシングをすると、自然と被毛の根本から抜け毛を取り去ることが出来ます。
また送風をすることで、被毛の毛玉、絡まり、ゴミの付着もしっかりと見つける事が出来ます。

被毛が絡まっている部位には、ブラッシングローションを吹きかけ、湿り気を与えておくとスムーズに梳きほぐすことが出来ます。

ドライヤーの送風を嫌がる場合は、知育玩具やガムを用意し、これらの夢中になっている間を見計らって送風に慣れる練習をしてみましょう。

ドライヤーは必ず冷風もしくは弱風を使用し、短時間で済ませましょう。
全身をブラッシングしたい時は、5~10分ほどで都度休憩を入れてあげましょう。

被毛の根本からしっかりと抜け毛を取り去るこの方法をマスターすれば、愛犬が本来の長毛スタイルを維持することも簡単になります。
ぜひ短時間から練習を重ねてみましょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

自慢したくなるペット雑学

人気記事

ページの先頭へもどる