ペットの悩みどころ

暑い時期は犬の手入れも時短テクニックをフル活用


犬の夏のお手入れ

暑い季節を迎えると犬も夏バテ、疲労感が増すものです。
中には食欲不振は長引いてしまう事もあります。
この時期のお手入れは少しでも短時間で終わらせることを何より優先して取り組んであげましょう。
ここでは犬のお手入れの時短につながるテクニックをご紹介させていただきます。

リンスインシャンプー、強力ドライヤーなどをフル活用

暑い季節とはいえ愛犬のシャンプーは欠かせないお手入れです。
シャンプーはしっかりと汚れを落とし、抜け毛を取り切ろうと思うとつい所要時間が長くなりがちです。

でも自宅浴室でシャンプーをする場合室内にこもった湿気と水蒸気は想像以上に犬の体温を上げてしまっています。

自宅で暑い時期にシャンプーをする場合は

  • 事前にブラッシングを終え余分な抜け毛を取り除いておく
  • カットをする場合はシャンプーの前に荒く済ませておく(細部を整える作業のみ乾燥後に行う)
  • 洗面器にシャンプーを入れ希釈した状態で体にかける
  • リンスインシャンプーを使う

という方法がおすすめです。

あらかじめ余分な被毛を取り除いておくことで泡立て、すすぎ、乾燥の時間を大幅に短縮することが出来ます。

その上シャンプーが体にスムーズに馴染むようにあらかじめ希釈し水になじませておくと、泡立て時間も大幅に短縮することが出来ます。

暑い時期のシャンプーは所要時間を少しでも短縮してあげたいので、リンスとシャンプーを一度で済ませることの出来る製品は大変重宝します。

また泡切れがよくすすぎ時間が短く済むこともシャンプーを選ぶときには重視してあげましょう。

海外製品の中には粘り気が強く泡切れのよくない製品もあるので、この時期のシャンプーは国産、無添加、自然由来の成分でできていると安心して使用することができおすすめです。

また熱中症の危険からたびたび話題にあがるドライヤーも家庭用製品は小型で風量が弱いので利用時間が長くなりがちです。

そのような場合は美容室で使用する業務用モデルを購入したり、ペット用の大容量のドライヤーがおすすめです。いずれも風量は家庭用製品の数倍と強いので大幅に作業時間を短縮することが出来ます。

犬の夏のお手入れ

ノミダニに特化した製品は扱いに注意を

暑い時期になるとノミダニに効果のある製品もたくさん登場します。

これらの製品を使用する時は必ず説明書、注意書きを読み安全に正しく使用しましょう。

ノミダニに関する製品には2つのタイプがあり寄生を予防するためのものと駆除を目的としたものです。

いずれの製品も通常のシャンプーになり成分が含まれていて中には刺激が強い成分を含むものもあります。使用にあたっては必ず効果効能、犬への影響を考えきちんと判断をしましょう。

寄生、駆除を目的とした製品であれば動物病院でも取り扱いがあるのでかかりつけ医に相談をしてもよいでしょう。

パグ、フレンチブルドッグなど短鼻種は熱中症に要注意

パグやフレンチブルドッグの様に鼻が短い顔立ちをしている犬種は、その他の犬種にくらべ体温が上がりやすいという特徴があります。

短時間のつもりで行っているシャンプーやドライヤーでも熱中症になってしまう危険性があります。

ただこのような犬種は被毛が短くさほど汚れが付着することもないので、暑い季節のお手入れは固くしぼった濡れタオルで全身を拭きあげるという方法でも十分です。

体臭が気になる、海や川で遊ばせたという後はシャンプーが必要ですがそうでない場合はできる限り負担をかけないことを優先してあげましょう。

シャンプーを自宅で済ませる場合は15分以内に締め切った浴室から出られるように時間の目安をたて、シャンプー後は涼しい場所で静かに過ごせるよう工夫をしてあげましょう。

暑さがおさまらずに舌をだし短い呼吸を繰り返している場合はおやつとして氷を上げると次第に解消され平常時の状態に戻りやすくなります。

氷だけでは関心を示さない場合はあらかじめ氷の中に小さなジャーキーを入れ凍らせておくと、途端におやつとして大喜びしてくれるようになります。

犬の夏のお手入れ

暑さと疲労のダブルパンチを避けることが大切

暑い季節は日々の散歩、日常生活だけでも慢性的な疲労状態になりがちです。

それまでと同じ手順、同じ時間でシャンプーを済ませていたはずが不意に体調を崩してしまう事もあります。

犬のお手入れには徹底した時短テクニックを活用し、できる限り負担のかからないよう工夫をしてあげましょう。

ただありがちな失敗例としてシャンプー後にタオルドライをし、扇風機の風を直接当てるという方がいます。

この方法は風を送り自然乾燥をさせたいという意図はあるものの実際にはシャンプーで上がった体温を急激に冷風で降下させることになりかえった体に負担をかけてしまいます。

特に高齢犬の場合風邪の原因にもなるのでおすすめできる方法ではありません。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる