ペットの臭い事情

【実践】犬のトイレのしつけ。役立つものはやっぱりコレ!


犬をサークルに入れてトイレトレーニング

犬のトイレのしつけ方

かわいい犬との暮らしの中で困った行動の1つに、決められた場所以外での排泄行為があります。
これは部屋の中を汚されて飼い主が不快に思うという以外にも、いろいろな場所で排泄をするたびに飼い主に怒られて犬が萎縮したり、問題行動を起こしたりということにもつながりかねません。
そこで今回は犬にトイレのルールを覚えさせるしつけ方法をご紹介します。

トイレトレーニングの必要性

まず「どうして犬にトイレのしつけが必要なのか」ですが、これはいついかなる状況においても飼い主と犬が幸せで清潔に暮らせるようにするためです。

近年では大型の犬も室内で飼育する飼い主さんが増えてきましたが、トイレは散歩に行ったときや庭に出たときなどに外で済ませるという方法の家もあるのではないでしょうか?

たしかに大型犬の場合、排泄物の量も多いので室内でさせないで外に出たときにトイレをさせるというのは合理的です。
ですが、室内でトイレをする習慣がないと病気をして散歩に行けなくなった場合や、悪天候などで外に出られない場合に室内で排泄ができず膀胱炎などを起こす可能性も。

犬と自分の幸せのためにもトイレトレーニングをおこなうようにしましょう。
また成犬よりも子犬のほうがトイレを覚えやすいので、小さな子犬を迎えてすぐにトイレのしつけをおこなうのがおすすめですよ。

トイレトレーニングに必要なアイテム

犬に室内でトイレをするようにしつけるときに必要なアイテムは、トイレシートとシートを設置する場所です。
トイレシートを設置する方法としては、専用のトレーにトイレシートを敷く方法や、サークル内にトイレシートを敷く方法などいろいろあります。

犬をサークルに入れてトイレトレーニング

子犬にはサークルが重宝する

子犬のときにトイレのしつけをする場合には、サークルを使う方法が有効です。

子犬を迎えるタイミングとしては乳離れをし、離乳食を食べ始める2ヶ月くらいの時期が多いもの。
この時期の子犬は広い場所にいると落ち着かないので、近くに人間がいたとしてもサークル内で生活させるほうがいいでしょう。

またちょっと目を放した隙に異物を口に入れてしまうというような事故を防ぐためにも、サークル内で育てるのがおすすめ。
サークルの最適な大きさは、子犬2匹余裕を持って入っていられるくらいのものを1匹で使うというのが最適。
高さは子犬が飛び出さないくらいの高さで、成長に合わせて天板をつけるなどの工夫をしていきましょう。

トイレのしつけを成功させる行動と失敗させる行動

犬のトイレのしつけで古くから使われている方法が、そわそわし始めるなど排泄のそぶりを見せたらトイレに連れて行って排泄させるという方法。
こちらの方法も確かに効果的ですが、一日中犬の様子を見ていなくてはならず、また夜などはトイレ以外の場所で排泄をする失敗が多くなるのが難点です。

このような失敗がない方法として注目されているのが、サークル内に子犬が越えられる仕切りを作るというもの。
どちらかで排泄をすることが多くなったら、もう一方に水や食事用の皿を置きます。
こうすることによって子犬が自発的にトイレの場所を設定するので、安心して排泄する場所を確保できます。

また犬は食事をする場所を清潔に保ちたがる習性があるので、このように場所を分けることがトイレのしつけを成功させる近道になるのです。

トイレの片付けは「誉めて」から

どちらの方法でも必ずしてほしいのが、トイレで排泄したときに言葉と行動で誉めてあげること。
これは排泄をしてすぐにするのが効果的なので、トイレの片付けは誉めてからすることにしましょう。
もし失敗したときには大きな声などを出さないで、子犬を別の場所に連れて行き、排泄物の処理や消臭をおこなうようにするといいですよ。

つい怒りたくなってしまいますが、怒ってしまうと排泄イコール怒られると認識してしまい、人から見えない場所で排泄したり、糞を隠すために食べてしまったりという問題行動につながりかねないので、注意が必要です。

 

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

自慢したくなるペット雑学

人気記事

ページの先頭へもどる