ペットの換毛期ケア

犬のトリミング時のオーダーにありがちな誤解


トリマーと事前によく確認

犬のシャンプーはもちろんカットまで自宅で済ませているという飼い主さんが増える中で、年に数回もしくは特別なタイミングにだけトリミングショップを利用するという方、新しいお店がオープンした事をきっかけに足を運ぶという方もいます。
この時、意外にもお互いの認識にずれがあり完成後の姿にがっかりしてしまうという事もあるようです。
犬を可愛く、綺麗に仕上げてもらうためには、トリマーとの丁寧なコミュニケーションを心掛けましょう。

意外に多い被毛の長さに関する誤解

トリミングショップで意外に多いトラブルやお申し出は被毛の長さに関する内容です。

飼い主さんが考えていた以上に短い、被毛が長すぎる、切るべき箇所でない場所にまでハサミ入れられているなど内容は様々ですが、飼い主さんをがっかりさせてしまう結果になっています。

この誤解の原因はとても単純で、ペットのカットスタイルや生活様式が多用化した事で、トリマーさんとの認識がずれてしまっているからです。

通常、トリミング専門学校ではペットとして一般的に飼われている犬種の標準的なカット方法を学びます。
カットスタイルが教科書に紹介されていて、その見本通りに再現をする事を目指す様、日々練習をかさねます。
このスタイルではシーズーは昔ながらのスタイルに仕上がり、シュナウザーは威厳のある風貌に完成します。

しかし飼い主さんのニーズが多様化するなかで、シーズーの耳の飾り毛を長く伸ばさずに短くバリカンで仕上げて欲しい、シュナウザーをテディベア風にかわいらしく仕上げたいなど要望が多用化しています。
その為、トリマーさんに「お任せで」「かわいらしく仕上げて」と曖昧なオーダーをするとお互いの認識のずれから、異なる結果に結びつくのです。

トリマーとの認識の違い

思い込みによる誤解

より深刻なケースとしては、新しいカットスタイルに挑戦してみたい、生活がしやすいように、毛玉が出来ないように、と考え飾り毛を短くカットしたところその後被毛が伸びない、伸びたものの毛質が変わってしまったなど修復不可能な問題です。

犬の被毛は生え変わるサイクルの長短で種類が別れます。

プードルやヨークシャーテリアの様に生え変わりのサイクルが数年単位と長い犬種は、一旦被毛を切り揃えても一か月で1cmほど伸び続けます。

しかしチワワやダックス、シェルティのように一定の長さで自然と被毛の長さが止まり、短いサイクルで抜け変わる犬種の場合、あるタイミングで切り揃えてしまうとその後生えてくる被毛はそれまでよりも短い長さで止まり生え変わりのサイクルが早まります。

この仕組みはまだ正確には解明されていない上に、兄弟、親子でも必ずしも同じ結果になるとも限りません。
トリマーやペットショップ関係者の間では常識として考えられている内容ですから、飼い主さんからカットのオーダーがあればその内容通りにカットを進めてくれるでしょう。
でも飼い主さんが必ずしもトリマーと同じ認識で、今後被毛が伸びないことを覚悟しているとは限りません。
中にはそのような事を全く考えていないという方もいるでしょう。
この点はお互いに丁寧なコミュニケーションを図り、初めて挑戦するカットである事を事前に伝えることが必要です。

トリマーと事前によく確認

言わなくても気がついてくれるという誤解

実はトリミングショップでは、単に見栄えの問題だけではない問題も生じることが多々あります。
トリミングショップは基本的に健康な状態に犬猫の利用を前提としているので、飼い主さんからお預かりした直後にすぐさま作業を開始します。

その為、

  • 皮膚に湿疹がある
  • 皮膚の一部がかぶれている
  • 頻繁に舐める部位がある

など毎日接している事でしか気がつくことのできない些細な異変を発見することができません。

犬の体にバリカンを掛けている最中に湿疹に気がつく、シャンプーの最中に全身をこすり荒いしながら脱毛部位やただれに気がつくという事も少なくありません。
当然のことながら犬自身もただれや皮膚トラブルに痛みや違和感を感じていることもあり、不意に触れられることで激しく抵抗をする事もあるほどです。

飼い主にとっては些細な異変やプロであれば気がついてくれるだろうという過信が実は大変な事故につながる事もあります。

感染する危険がない、もう間もなく完治する、湿疹ができていても犬が気にする素振りがないという場合でも、皮膚に何等かの異変がある場合は必ず事前にその旨を伝え、お互いが目視でその部位、状態を確認しましょう。

場合によっては、目視で事前確認をする事で、シャンプーを先送りにした方がいい場合や患部周辺の被毛を短く切り揃え塗り薬を付けやすくする、患部を衛生的に保つなどよりよい対策を講じる提案をしてもらえる事もあります。
ぜひお互いのもつ情報を積極的に交換しあいましょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる