ペットの悩みどころ

命の危険も!うさぎの誤食と対応について


うさぎ もふもふ 可愛いふわふわとした手触りと、つぶらな瞳がかわいいうさぎ。

そんなうさぎとの生活は、身も心も癒されることが多いのですが、そんな幸せな生活を長く続けるためには、気をつけたいポイントがたくさんあります。

中でもえさ以外のものを食べてしまう誤食は、うさぎを飼ったことがある人なら1度は経験があるといわれるほど多いもの。

今回はそんな誤食の例と、危険な中毒を起こしてしまう物質、そして誤食を予防するためのポイントについてお話します。

うさぎによくある誤食の例とは

うさぎを飼育している人の話を聞くと家にあるものをかじったり、食べたりしてしまうという誤食の悩みをよく聞きます。

特に多い紙の誤食

うさぎ 紙 本中でも多いのが、新聞紙や本などのを食べてしまう例。

飼い主さんの中には植物からできている紙なら、うさぎに悪影響は無いだろうと考える人もいるようですが、現在流通している紙にはプラスチックでコーディングされているものもあります。

そのためうさぎの体にとってよくない物質や、消化できない物質が含まれている場合も多いので、気をつけたいものです。

消化できないビニール

またうさぎのトイレやケージの掃除に使うビニール袋を食べてしまうという話もよく聞きます。

ビニールはうさぎのおなかでは消化できないため、フンと一緒に排泄されればいいのですが、そうでない場合には胃や腸にとどまってしまい閉塞を起こしたり、胃や腸の内壁に傷をつけてしまったりという場合もあります。

中でもひも状のものは、腸の広い面積に影響を与えるといわれています。

電気コードは感電のリスク

電化製品のコードをかじってしまうという誤食の話もよくあります。

これは感電のリスクもあるので、十分に気をつけてあげたいものです。

どのようなものであっても誤食はうさぎにとって危険です。

誤食に気がついたときには、何をどの程度飲み込んだのかを確認して、なるべく早く動物病院での受診を行うようにしましょう。

中毒を引き起こしてしまう誤食とは

家の中にあるものの中には、うさぎが誤食することによって中毒を引き起こす物質もあります。

タバコや殺虫剤などの有害なもの

タバコや殺虫剤、乾燥剤などは人間の子どもの誤食でも問題になるため、置き場所や使用に気をつけている方も多いと思います。

しかし、もしこれらの物質を飲み込んでしまった場合にはできるだけ早く動物病院に連れて行くようにしましょう。

観葉植物や野菜も危ない?

草 うさぎ 食事ほかには観葉植物や野菜などの中でもうさぎにとって危険なものがあります。

このようなものは草食性のうさぎだから大丈夫だろうと油断してしまいがちなので、うさぎを飼うときには早めに確認しておく必要があります。

ベランダや庭で育てることが多いアサガオやアジサイ、観葉植物として人気のアイビーやカポックなど、馴染み深い植物でもうさぎが誤食すると中毒を起こすものがあります。

また野菜の中ではねぎ類が中毒を引き起こす原因となりますので、注意が必要です。

床に近い場所に置いたり、料理中に落としてしまった食材を放置したりしないようにしましょう。

誤食を防ぐためのポイントとは

おとなしく座るうさぎここまではうさぎの誤食に多い例と、うさぎが中毒を起こしてしまう物質についてお話してきましたが、ここからはそんな誤食の危険からかわいいうさぎを守るための方法を考えてみましょう。

一番肝心なのは、うさぎの口が届く場所にえさやかじり棒など、うさぎがかじったり食べたりしても害のないもの以外は置かないということです。

とくに気をつけたいのが、ケージの周辺。

ビニール袋などは近くに置いた意識がなくても、風などによってケージの近くに移動してしまうこともあります。

ケージの周囲にはものを置かないスペースを作るようにしましょう。

またうさぎをケージから出すときには、床の上や低い位置にものが置かれていないかを確認し、うさぎがケージの外にいる間は目を離さないようにするというのも重要。

長時間、部屋の中を歩かせる場合には、サークルなどで囲った安全なスペースだけで行動させるような工夫も大切です。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる