ペットの悩みどころ

犬を留守番させるときに準備するものと注意することとは?


犬小屋に入り外を眺める犬

柵に顔を突っ込んでいる犬もうすぐ、今年も終わりますね。

年末年始のお休みを利用して、色々な場所へお出かけする方も多いのではないでしょうか。

犬などのペットなどを飼っている方は、近場なら一緒にお出かけすることも可能ですよね。

しかし、遠出するとなると一緒にお出かけできるのが一番ですが、留守番させなくてはいけない場合もあります。

数日家を空ける場合は、ペットホテルに預けるという選択などもあります。

今回は、犬を留守番させるときの準備とその注意点をご紹介します。

分離不安症について

もやもやして寂しそうにしている分離不安症の犬やはり、留守番させるとなると不安になるのがいたずらしないか。ということではないでしょうか。

うちの犬は、大丈夫と思っていても数分~数十分ならまだしも数時間ほど家を空けるとまた違います。

犬も、不安になったりストレスを感じたりします。そうなってしまうとパニックを起こし、部屋の中をぐちゃぐちゃにしてしまう。なんてこともよくみられます。

そういった行動を分離不安症といいます。

飼い主への依存からくる行動だといわれています。

一度そういった行動を起こしてしまうと、また留守番させるのは不安や心配に感じるのではないでしょうか。

分離不安症は、正しいトレーニングや投薬などで緩和され改善することもできます。

分離不安症が起こらないよう、しっかりと準備をしていきましょう。

犬を留守番させるときの準備とは

犬小屋に入り外を眺める犬では、実際に犬を留守番させるときの準備とは、どのようなことが必要になってくるのでしょうか。

お留守番の定番方法として、よく挙げられるのがケージやサークルに入ってもらうこと

そうすることで、部屋中をぐちゃぐちゃにしたり誤飲や誤食などしたりすることを防ぐことができます。

環境作りも大切で、予定が決まったら慣らしのための期間を設けてみるのも良いかもしれません。

短時間の留守番ができるようになれば、次第と慣れていき長時間でも留守番できるようになるのではないでしょうか。

まずは、サークル内にいつも使っているケージやおもちゃ 、フードや水、トイレなどを設置してみるところから始めるのがおすすめです。

寂しがり屋の犬には、テレビをつけていく(時間でオンオフ設定)のも良いかもしれません。

防音対策としてカーテンを閉めて出かけるのもおすすめです。

何度か慣らしていくうちにきちんと留守番できるようになれば、飼い主も安心してお出かけできるのではないでしょうか。

それでも、不安という飼い主の方もいらっしゃると思います。

そういった場合は、ペット用の見守りカメラを購入してみるのも良いかもしれません。

個体差はありますが、慣れてくると10時間程度は大丈夫になる場合もあります。

注意することとは

抱っこされる犬犬を留守番させる準備が整ったなら、お出かけしてみましょう。

準備が整った後の注意点がいくつかあります。

もちろん、一番大切なのは失敗してしまっても叱らない・怒鳴らないことです。

そして、犬にとって安心できて安全な環境を作ってあげることも注意しなければなりません。

ケージやサークルに入ってくれる場合は、あまり心配ありませんが無理やり入れることはしないようにしましょう。

入ることを嫌がり、留守番もできなくなってしまうかもしれません。

いつもと同じように自由に動き回れる環境で留守番させる場合は、噛まれても大丈夫な様、

  • 噛まれる高さにある家具には保護材をつける
  • 犬が触ったら危険なもの(陶器やガラス類)を置かない
  • 誤飲、誤食しそうなものはしまっておく
  • 電源コードやコンセントは剥き出しにせず保護する・
  • 相する場合があるので、トイレは広めにセット
  • 犬が興味のある噛んで大丈夫なオモチャを与える
  • 水は多めに用意する

など、注意しなければならないことが増えますが、不安やストレスは感じにくいかもしれません。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる