ペットの悩みどころ

猫の年齢ごとに気をつけたいこと


食事をしている猫猫は年齢ごとに気をつけたいことがあります。

猫が健康に育つには年齢に合った食事を与える必要があります。

年齢によって必要な食事メニューが違います。

そしてバランスの良い栄養を考えて与えなければなりません。

そのことを家族として迎えた以上、飼い主はきちんと知っておく必要があります。

では、どういった栄養を取り入れ注意していかなければならないのか、今回は猫の年齢に合った食事メニューと注意点、栄養についてお話していきたいと思います。

年齢ごと合った食事メニューと注意点

生後0週~3週(子猫用ミルク)

哺乳瓶からミルクを飲んでいる猫生まれて間もない赤ちゃん猫はミルクを与えます。

与えるミルクは牛乳ではなく子猫用のミルクを与えてください。

牛乳には赤ちゃん猫が消化することのできない成分が含まれているため、下痢などの症状を引き起こしてしまう可能性があるからです。

生後3週~生後5週頃(離乳食)

猫が生後3週間を過ぎたら離乳食を始める時期になります。

乳歯が生え始めるので、子猫用のペースト状の食事やドライフードを子猫用ミルクで柔らかくしたものを与えます。

猫は食べ慣れないものを食べた後、嘔吐や下痢の症状が現れることがあります。

少しずつ与えて、便の状態を観察しながら与える必要があります。

生後6週間~10カ月頃

乳歯も生え揃い、4カ月を過ぎる頃には大人の歯に生え変わります。

そして硬いドライフードを食べることが出来るようになります。

子猫は大人の猫に比べて、高いカロリーを必要としますが、まだ胃が小さいので一度にたくさんの食事がとれないため、数回に分けて与える必要があります。

月齢と体重を管理しながら食事の量を計算して与えなければなりません。

生後10カ月~成猫

生後10カ月を過ぎると大人の体になります。

体格が整う時期なので体重に合わせた食事の管理をしていかなければなりません。

猫の運動量や体質によって個体差がありますので、よく観察し、猫の年齢に合わせた食事の量を与えましょう。

室内飼いで運動量の少ない猫であれば食事の量を加減しなければ肥満になってしまう可能性があります。

猫に必要な栄養素

横になって眠っている猫タンパク質

筋肉や血液など、猫の体を作る素となります。

不足すると目の障害などを引き起こす可能性があります。

炭水化物

腸の動きを整えてくれる栄養素となります。

猫のエネルギー源は炭水化物ではなくタンパク質と脂質になります。

ビタミン

タンパク質や脂肪の代謝を促進する栄養素となります。

しかしビタミンAは過剰摂取すると骨に影響を及ぼす可能性もあるので、気を付けなければなりません。

脂質

猫にとって欠かせることのできないエネルギー源となる栄養素です。

体温の調節や免疫機能の働きを助けてくれます。

ミネラル

骨や歯をつくる栄養素です。

ミネラルが不足すると骨や筋肉が維持できないなどのリスクがあります。

猫の飼い主の責任と心構え

女性に抱き上げられている子猫猫が食事で体を壊さないためにも、飼い主は年齢に合わせた食事を考え、与えなければなりません。

食事の量をきちんと把握していないと、運動量の少ない猫に食べきれない量の食事を与え肥満にしてしまうこともあるかもしれません。

栄養を過剰に摂取した場合、または不足した場合でも体調を崩す恐れがあるのです。

猫が年齢を重ねて高齢になったとき、食欲の変化も見逃さないようにしましょう。

猫が高齢になると、猫が好きなものしか口にしなくなるなどの偏食がみられる場合があります。

偏食になると、栄養が偏り体調を崩す原因となります。

そうならないためにも、飼い主は毎日同じ食事ばかり与えず、栄養のバランスが取れた食事を心がけていなければなりません。

そして猫の年齢が高齢になるにつれて運動量が減り、それに伴い食事の量が減った場合は子猫用の柔らかい高カロリーな食事を与え、猫の年齢に合わせた食事を考え、栄養をバランスよく取れるように配慮してあげることが飼い主としての責任となります。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる