ペットの悩みどころ

犬の皮膚炎の原因や薬の種類について


犬 痒い犬の肌は、人間に比べてとても薄いということを知っていますか?

そのため、皮膚炎などの皮膚トラブルを引き起こしやすいといわれています。

犬の皮膚炎の種類は多く、原因もさまざま

愛犬が強いかゆみを覚えて体をかきむしっていたり、毛が一部分のみごっそりと抜けてしまったりしていたら、それは皮膚病のサインかもしれません。

その場合は、病院へ行き、獣医さんに診てもらい適切な薬を処方してもらうことが必要です。

今回は、犬の皮膚病とはどのようなものなのか、主な薬や予防法などをまとめました。

犬の皮膚炎とはどのようなものなのか

犬 ? 疑問まず、犬の皮膚炎についてお話をしますね。

犬の皮膚病は種類が多く、あらわれる症状はさまざまです。

犬が皮膚炎になると、かゆがったり毛が抜けてしまったりするほかにも、皮膚が赤くなったりべたべたしたりすることも。

普段と異なる行動をしていないか、体に変化はないかなどをしっかりチェックしてあげることも飼い主の大切な役目ですよ。

また、犬の皮膚炎の原因はさまざまなところに潜んでいます。

原因は大きく3つにわけることができ、

  1. 犬の体に潜伏している細菌が引き起こすもの
  2. アレルギーによるもの
  3. ノミが原因のもの

ということが考えられます。

1.細菌が原因の場合

普段から、犬の体に細菌は潜伏しています。

しかし、犬が弱っているときは細菌が原因となる皮膚炎になることがある、といわれています。

皮膚炎が現れたときは、犬の体調が悪い可能性も考えてあげましょう。

2.アレルギーの場合

犬もアレルギー症状があらわれることがあります。

その結果、アトピー性皮膚炎を引き起こす可能性があります。

何がアレルギーの原因となっているのかわからない場合は、合わせてアレルゲンの特定も行いましょう。

3.ノミが原因の場合

ノミが原因のもので、ノミに咬まれることによって引き起こる皮膚炎もあります。

外で思いきり遊んだときなど、ノミが原因で皮膚炎を起こしている可能性が考えられるでしょう。

犬の皮膚炎は、放置すると悪化してしまうことがあります。

愛犬の行動や体に違和感を覚えたら、犬の行動や様子をじっくり観察したり早めに病院へ連れて行ったりすることが重要です。

犬の皮膚炎で処方される薬の種類

犬 薬 マスク犬が皮膚炎になってしまった場合、病院に連れて行って獣医さんに診てもらい、適切な薬を処方してもらうことが重要です。

犬の皮膚炎は種類も多く、処方される薬のタイプもいろいろあります。

1つめは、外用薬。症状がでている場所につけるタイプの薬で、ローションや軟膏、スプレーなどがあります。

2つめは、内服薬錠剤やカプセル剤、粉薬などは内服薬に含まれます。

3つめは、注射薬。その名の通り注射を用いて体に投与するものです。

どのタイプの薬が処方されるかは、皮膚病の原因や犬の状態などいろいろな理由によって異なります。

それぞれの薬には特徴があり、効果がでるのに時間がかかるものや長期間の使用ができないもの、効果がでるのが早くて長期間しようできるものなどがあるため、病院で薬を処方されたら、どのようなメリット・デメリットがあるものなのか、調べてみることもおすすめです。

また、犬の中には塗り薬をなめてしまったり錠剤を飲むのを嫌がったりする犬もいると思います。

塗り薬をなめてしまう場合は、エリザベスカラーをつけたりガーゼをあてたりすることも必要です。

錠剤を飲むのを嫌がる場合は、食べ物に混ぜてあげるというのも1つの方法ですが、食べ物に混ぜても大丈夫な薬なのか確認してからにしましょう。

犬の皮膚炎を予防することも大切

犬 抱っこ ハグ犬の皮膚炎が治ったら、再び皮膚炎を引き起こしてしまわないように予防をすることも、飼い主の重要な役目です。

アレルギー性皮膚炎では原因となる物質を避けたり、疥癬症ではヒゼンダニが寄生している生物との接触はさけたりすることが予防法となります。

また、ダニやノミなどが原因の皮膚病では、定期的に駆虫薬を投与することによって予防することも。

皮膚病によって予防法は異なりますが、飼育環境の見直しをしたり犬の体を清潔に保ったりすることによって、防ぐことができる皮膚病はたくさんあります。

愛犬が健康でいるために、さまざまなことに気をつけてあげましょう。

 

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる