ペットの悩みどころ

猫のための手作りフードのメリットとデメリットとは?


猫 キャットフード 食事猫を飼っているほとんどの人が与えているキャットフード。

ドライフードやウェットフードなどフードだけで何十種類もあります。

栄養面はしっかりしていますが、保存料などの添加物も多く含まれているので身体にはあまり良くないのでは?と思う方もいらっしゃると思います。

同じ味ばかりで食べていて飽きないのかな、簡単にできるならば手作りしてみようかな。

最近は、ネット上にもレシピが増えてきているためそんな方も増えてきているようです。

もちろん、それだけではなく猫の身体の健康のために手作りしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、手作りフードのメリットとデメリットや手作りフードを作る際の注意点などを一部ご紹介します。

手作りフードのメリット

猫 食事 キャットフード猫も人と同じで、タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル・食物繊維・水と最低限これだけの栄養素を必要とします。

特に、猫に必要な栄養素はたんぱく質だとも言われています。

手作りフードのメリットは、

  • その日の猫の体調に合せて作れる
  • 新鮮・高品質な材料を選べる
  • 水分量が多い
  • 過不足の栄養を補ったり減らしたりできる
  • 添加物が入っていない

ということ。

そして、猫と同じものが食べられるということも手作りフードのメリットと言えるのではないでしょうか。

市販のキャットフードは、もちろん猫のために作られたものです。

しかし、キャットフードが身体に合わない猫やドライキャットフードに含まれる水分量が少ないため便秘になってしまう猫なども少なからずいます。

猫と一緒に食事をすることで猫とのコミュニケーションもとることができ、猫が普段どのように過ごしているのか知ることもできます。

手作りフードのデメリット

猫 落ち込む だらけるメリットは上記でもいくつかあげましたが、もちろん手作りフードのデメリットもいくつかあります。

特に難しいのが、カロリー計算と言われています。

栄養の知識が必要になってきますし、使用する材料の栄養素や作った手作りフードのカロリーがどのくらいあるのかなど理解しておかなければなりません。

猫が摂取してはいけないものや与える際に注意が必要なものを把握しておくことが大切です。

好きなものだけをあげてしまい栄養バランスが偏ってしまいがちになってしまうのもデメリットの1つと言えます。

その他にも、作るのに時間が掛かるが日持ちせず保存がきかない、食材にこだわりすぎて費用が掛かってしまう、小分け保存するのに場所を取る、作ったはいいが猫が食べてくれず材料が無駄になってしまうなどが挙げられます。

どんなことに注意すればいいのか

疑問に思う子猫では手作りフードを作る場合、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

上記でも説明しましたが、大切なのは栄養素のバランスを考えて作ることです。

そして、 絶対に与えてはいけないものや注意が必要な食材が何なのか知識を身につけること。

猫にあげてはならない食材の代表として玉ネギなどのネギ類はもちろん、加熱し少量ならば摂取可能の魚介類や甲殻類(タコ・イカ) や生の卵白、豚肉などがあります。

その他にもいくつかありますので、一部ご紹介します。

少量ならば与えても大丈夫な食材として、練り物・生の青魚・レバーなどが挙げられます。

あげ過ぎてしまうと病気になってしまうこともありますから、注意してあげるようにしましょう。

消化が悪いもの(ナッツ類・きのこ類・たけのこやトウモロコシ)も与えないように注意が必要です。

その他にも、いきなり手作りフードを与えるのではなく、まずは手作りフードに市販フードを混ぜて与えるのもおすすめです。

あとは、毎日手作りフードにするのではなく週1回程度で様子を見るのも良いかもしれません。

もちろん、人間用の調理・味付けをしたものはあげないようにしましょう。

塩分を過剰摂取してしまう場合や摂取してはいけない食材が含まれている場合がありますので注意が必要です。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる