わんこと一緒にお泊り

旅行シーズン前に知っておきたいペットホテル選びの基本


ペットホテル

ゴールデンウイーク、夏休み、お盆休みと大型連休、レジャーシーズンが到来します。
旅行の計画によっては犬をペットホテルへ預ける必要があることもあるでしょう。
ペットホテルは今ますますサービスが充実していて、必ずしもかわいそうな場所ではありません。まずは基本的なペットホテルの選び方を知っておきましょう。

お店によってサービス内容は様々

ペットホテルを利用する時、意外にもそれぞれのお店でサービス内容が異なることに驚く方もいるでしょう。

ペットホテルは今いろいろなサービスが誕生し、ますます多様化が進んでいます。
この背景には、以前のように狭いケージに長時間滞在させ、滞在中は散歩や運動時間もなく、不衛生な環境で過ごすというペットホテルのマイナスイメージ払拭に向けた取り組みがあります。

ペットホテルの需要はゴールデンウイーク、夏休み、お盆休みといった大型連休に集中します。そのためより希望にあったサービスを受けることの出来る施設を予約するためには早期に下調べ、予約申し込みを済ませておく必要があります。

ペットホテルを選ぶときのチェックポイントは

  • 愛犬の滞在スペース
  • 散歩の有無、回数
  • 店舗の営業時間
  • 料金設定
  • 夜間のスタッフ常駐の有無

などを確認しましょう。

また宿泊ペットの受け入れ頭数と勤務するスタッフの人数も確認できればなお安心です。

例えば犬猫を20頭受け入れているにも関わらず、スタッフは1名しかいない、トリミングを兼業という場合、それぞれの犬の散歩や施設の掃除にかけることの出来る時間はごくわずかです。

つまり施設やサービスはその提供者であるスタッフの人数、心がけでも大きく左右されるのです。
出来ればパンフレットやHPだけでなく現地へ足を運び実際の施設を見学させてもらうと安心できます。

ペットホテル

話題のフリースペース型ペットホテルのメリット、デメリット

ここ最近の流行でフリースペースで滞在するペットホテル、一軒家の中で自由に過ごすことの出来るペットホテルが増えています。
これまでのように個別のケージを設置せずに室内に置かれたベッドなどを自由に使い、滞在できるスタイルです。

このスタイルにも当然メリット、デメリットがあります。

まずメリットは広々として室内で自由に行動できるので運動不足にならないこと、ストレスを感じにくいという事です。
また犬同士で遊ぶこともでき、退屈せずに過ごせるという点も魅力です。

デメリットは自分だけの安住のエリアを確保できない場合があること、必ずしも共に滞在している犬と相性がいいとは限らないという事です。

フリースペース型のペットホテルの利用にはそれぞれの性格による向き、不向きがあります。

これは人間でも同じことでしょう。旅行先でフリースペースのある宿泊施設に滞在した時、現地で新たな出会いがあり、新しい情報も得られ新鮮さを感じ旅行を満喫できるという方も居れば、自分のペースを保ちつつ予約をした部屋でリラックスして滞在をしたいという方もいるからです。

もちろん初対面の犬同士でもフリースペース型ペットホテルの場合、居合わせた犬同士で上下関係が決まります。中には他犬に気を使いかえってストレスを感じてしまう性格の犬も居れば、ボス的な存在になり快適に過ごすことの出来る犬もいます。

犬も性格によっては見知らぬ相手を過ごすことを望まない事もあるのです。
このような施設を利用する時は、施設内設備、運営スタッフの人数や方針をしっかりと確認し、犬の性格にあっているかを見極めてあげましょう。

ペットホテルの条件

利用条件の厳しさが信頼につながります

ペットホテルを利用する際、利用規約も各施設によって異なります。
ワクチン接種証明書、狂犬病予防注射の摂取、中にはノミダニ駆除薬の使用や滞在中のトリミングがセットサービスになる施設もあります。

この利用条件は一見利用のハードルを上げているかのようにも感じます。

でも実際には利用条件が厳しいという事はそれだけ滞在中のリスクを回避できるという事でもあります。

特にワクチン接種は子犬の頃は受けていたものの成犬になってからは摂取をしていないという方も多くいます。
でも犬の病気の中には空気感染するものや感染をしても症状が現れないものもあり必ずしも成犬だからと言って安心ということではありません。

犬の健康も守るためにもワクチン接種済であることを必須条件とする施設を選びましょう。

また暖かい季節はノミダニの寄生も増加します。
ノミダニは犬同士の接触やベッド、タオルなどを介して広がることもあるので、暖かい時期の寄生虫予防を徹底している施設なら安心感も違います。

ペットホテルを利用する時はあらかじめ見学をし、実際の状況を確認したうえで予約申し込みが出来る施設がおすすめです。ぜひ早期にペットホテル探しを始め、安心できる施設を見つけておきましょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる