ペットの悩みどころ

犬をはじめて飼うときの準備と注意点


犬をはじめて飼うときの心構えは?準備と注意点について

犬 飼う ダックスフンド 犬は私たちにとって、人気のあるペットのひとつです。
多くの雑誌やテレビなど、毎日のように愛くるしい犬の映像や話題を目にします。

そんな身近な存在だからこそ、実際に犬を飼育している人は多くいます。
これから飼ってみたいと思う人も多いのではないでしょうか?
では実際に飼育を検討する場合、どのような点について考慮する必要があるのでしょう。

今回は、はじめて犬を飼う際の心構えと注意点について考えてみました。

犬の生活費どのくらいかかる?その他必要な費用は?

犬 費用 外貨はじめて犬を飼うことを検討しているのであれば、どのくらい費用が掛かるのかを確認しましょう。

飼い始めたばかりの犬は、市町村にその旨を登録する必要があり、3千円の登録手数料がかかります。

また、それ以外にもざっくりと、

  • ハウスやゲージ
  • 餌、また餌や水を与えるための食器
  • リード、首輪など散歩に必要なもの
  • ペットシーツ

室内で飼うのか、外で飼うのか、など、状況によって変わりはしますが、以上のものがほとんどの場合、犬を飼う際の必需品となるでしょう。

また、その中でも絶対に必要な餌代は小型犬なら3千円、大型犬なら5~8千円程度が1か月にかかる平均的な金額のようです

ペットシーツは犬の年齢など個々で異なりますが1日2~5枚程度、1か月の枚数にすると60~150枚使用することになります。

また、年に1度、狂犬病予防接種、混合ワクチン、フィラリア予防などの予防接種は飼い主の義務でもあります。
さらに、任意の健康診断なども行うことが望ましく、年間の医療費は2~4万円程度を考えていた方が良いでしょう。
その他、場合によってはトリミングの費用や任意のペット保険などの費用が加わりますし、病気をした場合は医療費が更に上乗せされることになります。

犬の状況や大きさによっても異なりますが、1か月に1~4万程度生活費がかかると考えておきましょう。
はじめて飼うのであれば、予想外のことが起こりえますので、費用は多めに考えておくのがよいと思います。

思った以上に高額であるかもしれませんが、犬を飼うのは命を預かって育てることですから、一人の子供を育てるくらいの気持ちがあってもいいと思います。
そして、手をかけ愛情をかけただけ、その倍以上の幸せをもたらしてくれる存在でもあります。
確かにお金はかかりますが、大切な家族となり長い時間を一緒に過ごすわんちゃんには、惜しまず与えるべきものを与えて上げてください。

犬を飼う際に必要な環境は?何を確認すればよい?

犬 散歩 飼う次に、犬を飼う環境が整っているのかを考える必要があります。

現在の住まいが集合住宅の場合、ペットの飼育が可能であるのかを確認する必要があります。
もしペット禁止の住宅ならば、引越しを検討する必要が出てくるでしょう。
禁止だけれど、わからないようにこっそり飼えばいいという考え方は絶対にやめてください。

犬は声が大きくまわりに飼育がわかりやすいので、トラブルの原因になります。
それはトラブルに巻き込まれた人間たちはもちろん、飼われている犬たちにとっても悲しいこと。
また、飼育が可能であっても小型犬のみなどの条件がある住宅もあるので、必ず事前に確認することが大切です。

さらに周辺環境についても確認しましょう。
犬を飼えば毎日の散歩が必須になります。
自宅周辺が散歩に適した環境であれば、犬のストレスを減らすことのみならず、飼い主の負担も軽減させます。

例えば、犬を飼う前に自宅周辺の道幅、自転車や自動車の交通量、人の往来などを確認し、実際に散歩する際のシミュレーションをすることは大切です。
できれば実際に散歩する可能性の高い時間帯に、想定した散歩コースを歩いてみましょう。

散歩中の危険な場所や注意点などをより正確に把握し、はじめて散歩に出た際に不備がないように準備しておくことが大切です。

飼い主の心構えは?

犬 柴犬 抱っこはじめて犬を飼うためには経済的にも環境的にも、ある程度の余力が必要です。
そして、それと同じくらい、飼い主の心構えも大切です。

生き物を飼うということは、ただ可愛いだけでは済まされません。
散歩や食事の世話は毎日欠かさず続ける必要がありますし、怪我や病気にかかることもあります。
旅行や趣味なども、犬のために我慢しなければならないかもしれません。
また、飼い始めた時は若く元気だった犬も、年を取ることで介護が必要になる場合もあります。

もちろん、ペットショップで一目ぼれてしまったとか、ただ寂しいからという理由で犬を飼い始めることは何も悪いことではありません。
けれど、ただそれだけの理由で、覚悟もなしに犬を飼うことは非常に無責任であることも、また確かなのです。

犬を飼う時は、例え何があったとしても最後まで一緒に生活したいという強い気持ちが必要です。
その覚悟がある人のみ、はじめての犬との生活を楽しむことができるのです。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる