自慢したくなるペット雑学

暑い季節に!高齢犬の栄養補給に!ヤギミルクに注目


タオルを巻いている犬暑さが厳しい毎日が続き愛犬の食欲が不安定になっていませんか?

暑い季節は散歩時間が普段より短くなったり、エアコンでけだるさを感じていたり、犬達も本調子ではありません。

ただ食欲不振は子犬やシニア犬にとって深刻な問題です。

飼い主の不安を解消出来、効率的に栄養を摂取できる方法をご提案させていただきます。

愛犬の水分補給にはタイミングが大切

暑そうにしている犬犬の熱中症の危険性が盛んに叫ばれる中で、熱中症対策へ万全にできていますか?

  • エアコンを常に稼働させている
  • 冷却マットを購入しハウスにひき詰めてある
  • 自宅にプールを設置した

など様々な方法があるでしょう。もちろんこまめな水分補給も熱中症対策には欠かせません。

ただ犬の熱中症対策は人間の様にこまめな水分補給だけではありません。

なぜなら人間は汗をかくので、失った水分を補う必要がありこまめな水分補給を行いますが、犬は足裏にしか汗腺がないのでどんなに暑くても人間の様に大量に汗をかくことはありません。

つまり人間ほど水分の補給が必要ではないのです。

犬の熱中症対策で重要なことは、体温が上がる前にケアをする、予防をすることです。

犬が暑さを感じると舌を出し浅く、リズムの早い呼吸をします。

このタイミングで水分補給と休息をさせ、必要以上の体温の上昇を防ぐことが最も効果的な熱中症対策です。

呼吸が浅く、早くなっている状態はすでに体温が上昇しているサインであり、犬は呼吸をすることでなんとか体温を下げようと頑張っている最中です。

この時、目の前に水分を用意されても犬は呼吸で体温を下げることに必死ですから、なかなか水分摂取をしてはくれません。

このような時は無理に水分を摂取させるのではなく、風通しがよく涼しい場所で愛犬を静かに休ませるほうがより効果を期待できます。

特に散歩や運動の直後は呼吸が元に戻るまで十分な休息時間が必要です。過度な運動、体温の上昇、不十分な休息による体温の上昇が理由で心臓発作を起こし死に至るケースもあるので、熱中症対策のタイミングは正しく理解しておいてあげましょう。

愛犬に自ら進んで水分補給をさせるテクニック

水分補給している犬毎日の散歩やドライブ、レジャー、帰省のための長距離移動の場合、愛犬の水分補給のタイミングは愛犬の意思とは関係なく飼い主のタイミングに合わせてもらう必要があります。

例えば高速のサービスエリアで駐車した時、公園の木陰で休んでいる時などです。

ただ愛犬が必ずしも飼い主の意図を理解し、みずから進んで水分を摂取してくれるものではありません。

そのような時は飲み水に、

  • 少量の粉ミルク
  • 砂糖もしくはブドウ糖
  • 市販のスポーツドリンク
  • 果汁

などをごく少量まぜ与えるとその風味で愛犬の食欲が刺激され、自ら進んで水分摂取をしてくれるようになります。

体温が上がってしまう前のタイミングで水分摂取をさせたい時に備え、夏場の外出にはこれらを少量持参しておくと安心です。

中でも粉ミルクは強い甘味があり犬達の大好物です。携帯にも場所をとらず簡単に常備出来ます。

しかし市販の粉ミルクは離乳期前の子犬の栄養補給を前提に成分が調整されているので、成犬に与えるには栄養価が高すぎることが難点です。

このような場合におすすめの製品が「ヤギミルク」です。

ヤギミルクは人間用食品として用いられることが少なく縁遠く感じてしまうでしょう。

しかし犬用に調整されたヤギミルクは、

  • 嗜好性が高い
  • アレルギーを起こしにくい
  • 下痢になりにくい

と優れています。

人間にはやや強い、クセがあると感じるヤギミルクの風味ですが犬にとっては適度に食欲が刺激されると感じられます。

ヤギミルクと牛乳との違いは脂肪球が牛乳に比べて1/6と小さく、胃や肝臓に負担をかけにくい点です。

また牛乳に多く含まれている乳糖がヤギミルクにはほとんど含まれていません。

この乳糖が原因となり犬が下痢を起こすことが多いのでこの点も安心して与えることが出来ます。

夏バテ、食欲減退には「ヤギミルク」がおすすめ

ミルクを飲んでいる犬ヤギミルクは子犬用粉ミルクに比べへルシーで風味が強く、小容量で販売されているので、夏バテ対策、水分補給用に大変重宝します。

もちろん日ごろの食事においても、

  • ドッグフードをふやかす時にヤギミルクを少量混ぜる
  • 食欲減退対策にフリカケとして与える
  • しつけのご褒美に少量を舐めさせる

などの活用方法もあります。

犬が夏に食欲減退してしまう事は、生理現象なのでなかなか対策が難しいものです。

無理に嗜好性の高いドッグフードを与えるとかえって胃腸に負担がかかり体調を崩してしまうこともあります。

かといって食欲減退をまま見過ごすことも当然不安を感じるものですから、そのような時はヤギミルクを与え水分として一定の栄養を摂取できるよう工夫をしてあげるとよいでしょう。

特に子犬、シニア犬、病中病後、産前産後など食欲減退が健康問題に直結する場合はこのような方法での栄養摂取が大変効果的です。

離乳を終えると粉ミルクを使用することもなくなりますが、今後は食欲減退や栄養補給、外出先での水分補給にぜひヤギミルクを取り入れてあげましょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる