ペットの悩みどころ

家族同然でも注意は必須!人畜共通パスツレラ症


犬 顔舐め スキンシップ愛犬につい口元を近づけてしまったり、顔を舐めさせてしまったり、同じ寝具で一緒に寝ていたりと日々の生活に思いあたる点はありますか?

もし1つでも思い当たる場合は、人畜共通感染症であるパスツレラ症に注意しましょう。

このパスツレラ症の病原菌は、常在菌でもあり約75%の犬が保有しているからです。

実はこの病気は犬との過剰なふれあいや口移し、ひっかき傷を通じて人間に感染する上に、死亡例もあるほどに深刻な問題。

病気の基本的な知識を持ち、日々の生活をもう一度見直しておきましょう。

犬が口内に病原菌を持つ人畜共通感染症のパスツレラ症とは

犬 笑顔 口内家族内でも自身以外が犬と過剰な触れ合いや口移しなどの行為をしていても、自分には無関係とどこか他人事のようにさえ考えている方は多いのではないでしょうか?

しかし犬や猫の室内飼育が進み、これまでよりペットがより身近な存在になったことで、今まで気に留められていなかった病気の発症が目立ち、研究が進んでいったのです。

そして、人畜共通感染症という言葉が日常生活の中に現れるようになりました。

このパスツレラ症という病原菌は猫なら100%犬なら75%がこの病原菌を口内に持っていることがわかっています。

もちろん野良猫、野良犬ではなく家庭でペットとして共に生活をする犬猫です。

現状ではパスツレラ症の発症や人間への感染を動物用ワクチンで予防する術はありません。

感染を予防するためには、

  • 過剰な接触を避けること
  • 口元を過剰に接触させない
  • 食器の共有をしない
  • 顔を過剰に舐めさせない
  • ひっかき傷を作らないようこまめに爪切りをする
  • ペットが原因で怪我を負った場合は即座に患部を洗い流し、清潔に保つ
  • 赤み、腫れ、痛みなど異常が現れた時はすぐに医師に相談をする
  • 日ごろからある程度の距離を保ちふれあいを持つこと
  • 無理強いや強制で犬猫を過度に興奮させ、攻撃態勢にさせないこと

これらのことを心がけておきましょう。

一言でまとめるならば、「一定の距離を持ち、少しでも異変があったらすぐに対処する」ということが肝心だといえます。

もし傷口からパスツレラ症の症状が現れた場合は、抗生物質の服用で完治をすることが出来ます。

ですが、重篤化すると死亡するケースもあるので、決して単なる怪我と軽視してはいけません。

パスツレラ症の犬における症状と治療法

犬 ぐったり 眠い犬に見らえるパスツレラ症の症状は、

  • 傷口の腫れ、化膿
  • 呼吸器系の疾患
  • 骨髄炎
  • 外耳炎等の局所感染
  • 敗血症
  • 髄膜炎等の全身重症感染症
  • 死亡

などがあります。

どれにおいても、大切なわんちゃんにはかかってほしくない症状でしょう。

ですが、犬はこの病原菌を口内に保有しているものですから、飼い主の方で対策をしていくことが必要です。

  • 他犬と食器を共有する
  • 喧嘩によって噛み傷を負う
  • 猫にひっかかれ怪我を負う

などで、常駐菌は活発化し発症をすることがあります。

ただパスツレラ症の菌を保有しているというだけでは、治療対象にはなりませんし、持っているというだけなら気をつけさえすれば怖い菌ではありません。

ですから、何らかの症状が現れて初めて抗生物質の投与が始まります。

そのためワクチンなどの対策をあらかじめ講じることが出来ません。

病気の症状は早い場合は数時間後にはすでに明確に現れることもありますが、中には数日経過してからという事もあり、もし怪我を負った場合は完治まで様子見を続けてあげましょう。

高齢者、持病、乳幼児は特に注意が必要

犬 子ども 抱っこここまでで、パスツレラ症が気をつけるべ病気である、ということがわかったと思います。

この症状は人間にも伝染るものですが、もし、

  • 高齢者
  • 乳幼児
  • 持病のある方(特に糖尿病や腎臓疾患など)
  • 免疫力が低下している方

に該当する方が家族にいる場合は、注意が必要です。

やはり高齢者や子どもや、菌に対する免疫が低く、持病を持つ方や免疫力が低下している方は文字通りです。

日常生活においては、

  • ペットを寝室に入れない、寝具を共有しない
  • 犬の爪はこまめに切り、ひっかき傷に注意する
  • 口移し等の過剰なスキンシップはさける

などの注意が必要です。

ときには、爪切りやブラッシングなどで、想像以上に犬から反撃を受けることもあるでしょう。

そのような時も、前回は問題が無かった、いつもの怪我だと甘く考えてはいけません。

犬は常に菌をもっている状態ですから、いつ人間に感染をさせるかはわからず油断できません。

もし犬に噛みつかれたり、引っかかれたりとした後で、

◆傷口が腫れる
◆痛みがある
◆体調不良を感じる

など、気になる症状がみられる場合は即座に医師に相談をして適切な治療を受けましょう。

それが結果として、ご家族のためであり、大切なペットのためにもなるのです。

家族同然でも一定のルールが必要

犬 子ども犬猫は可愛い存在ではありますが人畜共通感染症という問題があることを重々承知しておかなければなりません。

日常生活の些細な出来事がきっかけになり、この病原菌が人間に感染することも考えられるので、生活には一定のルールを設け、異変や不安を感じた時はすぐに医師に相談をしましょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる