ペットの悩みどころ

ペットホテル利用時などのワクチン接種証明書はなぜ必要?


診察を受けている犬トリミングショップやペットホテル、ドッグランなど愛犬のためのサービスを利用しようと思った時、ワクチン接種証明書の提示を求められます。

「ワクチン接種はなぜ必要?」

「成犬も摂取しなければいけない?」

「不要な店はないの?」

と、思う事もあるでしょう。

なぜ必要なのかを知ると店側の姿勢も理解できるでしょう。

病気にかかることと、うつしてしまう事を防ぐため

ペット関連サービスを利用する時に提示を求められる証明書は下記の2点です。

  • 狂犬病予防注射摂取済証明書
  • 混合ワクチン接種済証明書

いずれも利用日から一年以内に摂取した書類が必要です。

この証明書は獣医師が発行してくれます。

証明書には摂取したワクチン剤のシリアルナンバーの記載されたシールが添付されます。

このシールは薬剤1本につき1枚添付されていて、証明書に貼り付け飼い主さんに渡す手順になっています。

つまり証明書の再発行やコピーでの使いまわしが出来ない仕組みです。

サービス利用時にこの2点の予防注射の摂取が必要になる理由は不特定多数の犬が同時に滞在する環境下で伝染性の高い病気の蔓延を防ぐためです。

混合ワクチンは生後3カ月~半年ほどの期間に3回摂取が推奨されています。

この予防注射を打つことで子犬の免疫力が向上し病気にかかるリスクを回避することが出来ます。

生後一年を自身の免疫力が向上しパルボやジステンパーといった伝染病にかかるリスクはほぼゼロに近くなります。

ただ中には感染はしているものの、自身の免疫力の方が強く発症をしない、発症をしても軽度で完治出来ているというケースもあります。

このようなケースがごく稀ですがもし子犬や高齢犬と同じ施設に滞在した場合知らぬ間に周りにうつしてしまう可能性もあります。

このように自身がうつることも周りにうつしてしまう事も防ぐために毎年1回の混合ワクチンの摂取が推奨されています。

発症の可能性は低くても摂取は法的な義務の狂犬病

狂犬病予防のワクチン接種証明書と犬の置物狂犬病はここ数十年、日本国内での発症が確認されていません。

国内では狂犬病が根絶されたとも考えられています。

しかし海外ではまだまだ多くの発症例があり必ずしも今後国内での発症が起こらないとは言えない状態です。

日本で発症例が確認されていないことからここ最近狂犬病の予防注射の接種率が減少傾向にあります。

中には摂取が法的な義務であることをご存知でない方もいるほどです。

発症のリスクが低いとはいえ不特定多数の犬があつまる施設では万全を期すために摂取をしていることを条件とすることも当然と言えるでしょう。

混合ワクチンにはいくつかの種類があります

薬の前でマスクをしている犬混合ワクチンとは複数の薬剤を混ぜ合わせ一本の注射器に入れ摂取をすることでこう呼ばれています。

まだ免疫力の弱い子犬の頃は8種混合、9種混合といった最大種のワクチンを摂取し予防に万全を期しています。

この時の摂取費用は1回あたり10000円前後が相場です。

ただ成長後の摂取に関しては8種、9種の摂取が必要ないとする意見もあり、利用施設によっては2種混合でもよしとすることもあります。

この2種とはパルボとジステンパーです。

比較的発症率が高く、伝染性、致死性の高い病気です。

この2種の予防が出来ていればお互いに安心して滞在が出来るという意味です。

2種混合の場合摂取費用は3000~5000円ほどと大幅に下がります。

ペット関連サービスを利用する際はあらかじめ摂取に必要な混合ワクチンの種類を確認しておくと費用軽減にもつながります。

ただし狂犬病の予防注射は1種類のみです。費用は3000円ほどが相場です。

毎年春になると各自治体で会場を設け一斉摂取を実施します。

この機会を利用すれば実質の薬剤費用のみで済ませることが出来負担軽減になるでしょう。

厳格に証明書の提示を求めることも信頼につながります

獣医に診察を受ける犬ペットホテルやトリミングショップ、ドッグランなどの利用は必ずしも事前に予定が立つ事ばかりではなく、時には急な利用が必要になる場合もあります。

混合ワクチンは摂取後2週間ほど経過してから本来の効果を発揮するので、毎年一定のサイクルで摂取し摂取期限切れを起こさないよう心掛けておくと安心です。

利用の度にワクチン接種証明書の提示を求められる事に不便さや窮屈さを感じることもあるでしょう。

でも考え方を変えれば、それほど厳密に利用者に提示を求めるという事は預かり中のペットの健康管理、病気の発生に尽力している施設であるという意味にもなります。

厳格であればあるほどペットへの真摯な姿勢の表れと捉え信頼のおける施設だと考えておきましょう。

混合ワクチンや狂犬病予防注射はごくまれに、

  • アレルギー症状
  • ショック症状
  • 持病の悪化

を起こす場合があります。

アレルギーがある場合、高齢の場合は獣医師と相談をし摂取不要の証明書を作成してもらう事が出来るので施設利用を諦めることなく相談をしてみましょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる