ペットの皮膚トラブル全般

洗いすぎに要注意!!冬のお手入れは手抜きも必要


互いに嗅ぎ合っている二匹の柴犬冬になると愛犬の臭いが気になる、こもったような臭いが気になるという声が多々あがります。

でも冬はこの臭い対策に愛犬を洗いすぎてしまうと深刻な皮膚トラブルにつながる恐れがあり注意が必要です。

冬の愛犬のお手入れは適度な手抜きで乗り切りましょう。

暖かい冬は犬も乾燥肌になり勝ち

エアコン、ファンヒーター、こたつ、床暖房、ホットカーペットと愛犬が暮らす室内は様々な方法で寒さ対策が講じられています。

本来であれば寒く辛い季節のはずの冬がいまでは暑い夏よりも各段に快適な季節になっているでしょう。

でもあまりに快適になった環境で犬達は本来の身体機能の低下、新陳代謝の低下を起こし、その上乾燥した空気で乾燥肌まで起こしているのです。

犬が乾燥肌になると、

  • フケ
  • かゆみ
  • 湿疹
  • 赤み
  • 脱毛

など様々なトラブルが起こります。

犬のフケは決して不衛生な環境が原因で起こるわけではありません。

過度に皮脂や水分を失った皮膚がうろこ状になり剥がれ落ちていることもあります。

愛犬の健康管理には正しい情報を持ち適切なケアをしてあげましょう。

フケ、痒み皮膚トラブルは洗うと逆効果

洗われた直後の犬愛犬にフケや皮膚のかゆみなどの症状がみられる時は、あえてシャンプーを控えることも必要です。

清潔にしてあげたい、フケを取り除いてあげたいという感覚はあくまでも人間を基準に考えたお手入れ方法です。

愛犬の皮膚がすでに乾燥し本来の機能を失っているという事は、シャンプーをすることでさらに皮脂や水分を取り去ってしまう事につながります。

良かれと思って頻繁に洗ったり、湯船に浸けることでますます症状は悪化します。

愛犬の皮膚の機能を元に戻すためには、皮脂が十分にいきわたり、水分保持機能を果たすまで待ってあげることが必要です。

とはいっても共に暮らすうえで愛犬特有の体臭が気になる、抜け毛がひどい・・・という家族の声も無視するわけには行かないでしょう。

そのような場合は保湿効果のあるスプレー化粧水を使用しブラッシングをしてあげましょう。

ブラッシングをすることで被毛の奥に絡まった汚れや抜け毛を取り去ることが出来ます。

その上被毛の通気性が向上することで嫌な臭いも軽減されます。

またブラッシングで皮膚が適度な刺激を受けることで新陳代謝が促進され、血流も改善し皮脂の生成も促されます。

愛犬の気になる皮膚トラブルにはこのような方法をお勧めします。

冬のシャンプーは必要最低限に控える

ブラッシングをされている犬では冬のお手入れはどの程度を目安に取り組めばよいのでしょうか?

実は冬はシャンプーは必要ないという専門家もいるほどです。

それほど犬の皮膚は薄くデリケートなのです。

ただどうしても抜け毛が・・・体臭が・・・という場合は2か月に一回を目安にシャンプをしましょう。

もし高齢の犬や皮膚トラブル、アレルギーによる肌荒れを抱えている場合は寒いと感じる季節はシャンプーを控えても問題ありません。

これは自宅シャンプーに限らずトリミングショップも対象になります。

たとえ専門家、低刺激なシャンプー剤であっても愛犬の皮膚に負担がかかることには変わりがありません。

冬のトリミングは被毛を短めに切り利用回数を控えることも必要な工夫です。

シャンプー後のすすぎのこしには要注意

シャンプーされている柴犬シャンプーによる皮膚への刺激や皮脂や水分の洗い流しによる弊害を耳にすると、出来る限り負担を軽減してあげようと考えシャンプーの「時間」を短縮してしまう方がいます。

シャンプーの際にシャワーを使用する時間を短縮することで負担を軽減できるという考えは実は大きな間違えです。

シャワー時間を短縮するという事はすすぎが不十分になるということです。

洗い残ってしまったシャンプーの成分や抜け残ってしまった被毛はかえって皮膚の通気性が悪くなり状態が悪くなります。

すすぎは被毛の根本、皮膚までしっかりと水流が行き届くように丁寧に済ませましょう。特に

  • 首周り
  • 尾の付け根

は洗い残しが起こりやすい部分です。念いりにすすぎをしておきましょう。

冬だからと言って湯音を高めに設定してしまうと、次第に呼吸が早くなり愛犬の体温が上がりやすくなってしまうので湯音の設定はぬるま湯程度で十分です。

洗い上がりのタオルドライを念入りにするとドライヤーの使用時間の短縮につながります。

タオルは高吸水の製品を使用すると効率的に済ませることが出来ます。

シャンプーでふやけた状態にある皮膚をドライヤーで急激に乾燥させると皮膚は過度な乾燥状態になります。

ドライヤーの時間を出来る限り短縮し皮膚への負担を軽減してあげましょう。

高齢の場合や皮膚トラブルを抱えている場合はドライヤーを使用する前に保湿効果のあるスプレーなどを塗布しておくと皮膚の保護効果を期待出来、負担軽減につながります。

冬のお手入れはこのような方法を用いて適度な手抜きをしながら皮膚を守ってあげましょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる