ペットとおでかけ

プール、海水浴はアフターケアを念入りに


海を背景にリラックスする犬

暑い季節が近づくと少しでも愛犬が涼しく、楽しく過ごせるように考えるものです。最近ではドッグランにプールが開設されたり、ペットOKの宿泊施設に常設のプールがあることもあり、わくわくします。

また愛犬と一緒に海水浴やサーフィンを楽しむ方も増えています。プールや海水浴といった水辺のレジャーを楽しんだ後はきちんと愛犬のお肌もケアしてあげましょう。

プール遊びは始めが肝心!楽しく遊ぶためのルール

プールがボール遊びする犬 楽しそうにプールで遊ぶ犬の姿を目にするとぜひ我が家の愛犬も!と考えるでしょう。でも実は犬はもとともと水や体が濡れることに抵抗を感じる習性をもっています。そのため必ずしもすべての犬が水遊びを楽しい、涼しいを感じるわけではありません。

でも飼い主や他犬が楽しそうに遊ぶ姿を目にすると、つい自分に参加してみたいと興味がわき楽しみ方を覚えてくれることもあるのでまずは基本的なルールを覚えチャレンジしてみましょう。

まず、

① ライフジャケットを着用させます

② 足先から徐々に濡らします

③ ボールやオヤツなどで誘導し、水の中を移動するよう促します

まずは短い距離の移動から水慣れを繰り返し、徐々に他犬との触れ合いなどいろいろな遊び方を教えてあげましょう。

犬といえば犬かきをするものと思われていますが、犬かきにも得手不得手があります。水に体を浮かせ上手に泳ぐことが出来る犬もいれば、水に浸かっているだけでパニックを起こし手足がバラバラに動いてしまい溺れかかってしまう事もあります。

一度でも溺れかけ怖い思いをしてしまうと次からは決して水遊びを楽しもうとはしなくなるので、小型犬でも大型犬でもかならずライフジャケットを着けてあげましょう。

ドッグランやホテルに併設されたペット用プールは施設によって消毒剤を使用していることもあります。これは不特定多数の犬が使用することでの病気の蔓延を予防するための措置です。

ただこの消毒剤は決して犬の体に優しいものではないので、プール遊びを終えたら必ずシャワーで全身を洗い流し、消毒剤の残留が無い様ケアをしてあげましょう。

海水浴後の塩水はしっかりと洗い流す

シャワーで海水や汚れを洗い落とす犬愛犬を連れ海辺のレジャーに出かける時は、水遊びを終えた後の愛犬のお手入れ方法についても事前に下調べをしておくと安心です。プールやホテルであれば施設内にシャワーやドライヤー設備が完備されているものですが、海水浴ではそうはいかないこともあります。

海水浴で愛犬の体に付着した塩分をそのまま洗い流さずに放置してしまうと、次第に被毛はバサバサと硬くなり、べたつきます。べたついた被毛には汚れや砂が付きやすくなり毛玉も出来ます。

また海水で湿ったままの被毛で皮膚は群れ、残留した塩分でかゆみや赤み起こることもあります。

愛犬を海水浴に連れ出した後は、海水が完全に乾燥する前に軽く水を流す、シャワーをするなど取り急ぎのケアを済ませておきましょう。

その後帰宅してからしっかりと全身をシャワーで洗いながし残留した塩分や汚れを丁寧に洗い流します。海岸の砂は粒子が細かいので、全身の被毛の内部に残留します。

シャワーはいつもより念入りに済ませてあげましょう。

想像以上に皮膚は乾燥します!しっかりと水分補給を

水分補給する犬日ごろ家庭でシャンプーをする時は、小型犬であれば5~10分、大型犬でも20~30分ほどですべての工程を終え乾燥へ進みます。

でもプールや海水浴ではこの何倍もの時間皮膚が水にさらされた状態が続きます。その為皮膚はふやけとてもデリケートな状態になっています。

このふやけた皮膚は太陽の日差しで軽いやけど状態を起こしていることもあるので、いつもより念入りなケアをしてあげましょう。

愛犬の体をシャワーでしっかりと洗い、汚れを落とし、ドライヤーで皮膚、被毛をくまなく乾かしたうえでペット用化粧水などを用い水分補給をしてあげると理想的です。水分が皮膚に浸透することで皮膚のほてりを鎮める効果があり、失われていた皮膚のうるおいも取り戻すことが出来ます。

この時よくある間違いはブラッシング用ローションを使用してしまうケースです。

ブラッシング用ローションも化粧水同様でスプレーボトルで販売されていることの多い製品です。この製品はブラッシングをする際の被毛のもつれを解消する役目があります。この製品の特長はスプレーした液体がすぐに渇き、皮膚に残留しないことです。使用後もサラサラとした感触で済みべたつき感や濡れ感が残りません。

ただ皮膚に成分が浸透するという仕組みでは作られていないので、似ている商品ではありますが、愛犬のケアには適していません。このような水遊び後のケアを怠ってしまうと乾燥し、刺激を受けた皮膚がかゆみを起こしたり、湿疹や赤みといったトラブルを起こしかねません。

お手入れは市販の化粧水などのスプレーを吹きかけるだけととても簡単です。ぜひ事前に購入し、都度つかえるように準備しておくとよいでしょう。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる