ペットとおでかけ

愛犬との旅行は電車?飛行機?フェリー?それぞれの基本ルール


スーツケースに座る小型犬

国内でも続々と犬連れOkの施設が増えつつあります。観光地はもちろん宿泊施設ではペットの同室滞在もOKなほどです。またレンタカーやタクシーでもペットの同乗がOKとなり今後ますますペットライフが楽しくなること間違いなしです。そこでペットを連れ遠方まで移動する際の移動手段についてどのような方法があるかをご紹介させていただきます。

飛行旅行なら事前予約と各社の規定の確認を

空港から見える飛行機車で行くには遠すぎる、新幹線で行くには時間がかかりすぎる、せっかくの旅行なので飛行機で移動をしたいという場合ももちろん愛犬の同乗はOKです。

ただ飛行機で移動する場合、航空会社ごとのルールが定められているので事前に確認と予約の手配が必要です。

飛行機を利用する場合は

・犬は客席ではなくキャリーに入れ専用スペースに搭乗します

・搭乗に使用するキャリーは各社の規定に基づき飼い主が持参します

・搭乗中は乗務員がペットに触れることはありません、また常駐のスタッフがペットの様子を監視することもありません

・ペットの搭乗には別途費用が掛かります

以前はペットの搭乗はあくまでも貨物扱いとされていて貨物室の片隅にキャリーが置かれていましたが、ここ数年で待遇は大きく変わり専用スペースを設け空調はもちろん気圧まで管理されたスぺースが用意されています。

また愛犬の受け渡しも専用カウンターが設けられ、飛行機が到着後速やかに飼い主の元へ手渡されるよう配慮がされています。

ただし一部の航空会社ではフレンチブルドッグやパグなど鼻の短い犬種の搭乗を夏など気温の高くなる季節は断るという方法をとっています。

これは移動中の健康リスクが高まる可能性が高いためです。この規定は各社異なるので必ず事前に確認をしましょう。

また飛行機に搭乗中は機体の揺れや気圧の変動で犬も多少なりともストレスを感じたり、パニックを起こすことがあります。

移動中にトイレの心配がない様に

・事前にトイレを済ませること

・移動の30分前から飲食を控えること

・キャリーの中にトイレシーツやタオルをひき詰め体が汚れないよう工夫をしておくこと

を忘れずにおいてあげましょう。

また万が一の体調不良に備え到着地の空港最寄の動物病院の連絡先を控えておくと安心です。

電車移動なら予約不要で手荷物扱いでOK

電車内座席風景キャリーバックに入れ電車や新幹線で愛犬を移動させる場合、窓口で手荷物用切符を購入します。この切符は券売機では販売がなく窓口のみでの販売です。購入をすると専用の荷札が支給されキャリーバックに取り付けておく決まりです。

電車の場合事前予約をせずに利用が出来るのでその手軽さが何よりの魅力です。

車内では愛犬は足元に置くことが基本となり、どんなにおとなしい犬であったり、空席が目立つ車内であっても決してキャリーから体を出してはいけません。これは顔だけというように体の一部であっても禁止事項です。

また犬が興奮状態になっていて無駄吠えが目立つ場合や通路やデッキに移動し、愛犬を落ち着かせるといった配慮も都度必要です。

キャリーバックは抱えたままの状態では、飼い主の姿勢に応じて揺れが大きくなり不安定になりがちです。

車内では床置きにする方が安定感があって愛犬も安心して過ごすことが出来るのでお勧めです。

フェリーでの旅行なら長時間の移動に備えた準備を

海上を進むフェリー自家用車ごと移動をしたい、旅行先でドライブを楽しみたいという場合はフェリーでの移動も旅行気分を盛り上げてくれるのでお勧めです。

フェリーも事前の予約や申し込みを済ませておけば愛犬を同乗させることが可能です。中には犬連れ専用プランや事前予約で犬の搭乗料金が無料になるプランなどもあります。フェリーの利用方法や予約に関しては各運航会社によって規定が異なるので確認を済ませておきましょう。中には搭乗用キャリーの貸し出しを行っているプランもありますが、他犬の臭いがついたキャリーを愛犬が嫌がる場合もあるのでできれば使い慣れた物を持参したほうが安心です。

フェリーで移動をする場合、愛犬の滞在場所は

・飼い主と同じ客室

・便乗した車の中

・キャリーケースの中

など様々です。長時間の移動となる場合は出来る限り自由度が高く、適度な運動が出来るスペースを確保してあげると安心です。

また移動時間が長くなるので、あらかじめトイレを済ませておくことと合わせてトイレシーツ、消臭剤、ゴミ袋の常備を忘れずにおきましょう。

また乗船前30~1時間は飲食を控え、船酔い対策を講じておくことも重要です。船酔いは病気ではないので時間と共に回復をしますが、愛犬の体やキャリーが汚れてしまうと限られたスペースの中では十分な清掃が出来ないことや周りに不快な思いを与えてしまう事もあるので注意しましょう。もし船酔いの心配がある場合はあらかじめ動物病院で酔い止めの薬の処方を受けておくと安心です。

このように愛犬との旅行は移動手段を考えるだけでもいろいろな選択肢があり楽しいものです。ぜひいろいろな思いで作りを楽しんでください。

コメントを残す

*

おすすめ化粧水・シャンプー

ペットの皮膚病対策におすすめの「化粧水」や「シャンプー」をランキング形式でご紹介いたします。

  • No.1AVANCE(アヴァンス)

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ペットのアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    舐めてしまっても安全な点が「本物」を感じさせます。痒みや赤みが短期間で引いたとの体験談多数あり!温泉の抗炎症成分RG92は治療薬開発の特許を取得しており、無添加で副作用のない薬の域に達しそう!飼い主おもいの1000円で試せる点が嬉しい!

    内容量価格特徴
    30mL、200mL1000円、3500円、
    送料無料
    高い安全性(目や口に入っても大丈夫)。特許取得の温泉の抗炎症成分を配合。
    保存料、防腐剤、アルコールフリー、無添加
  • No.2グッドスキンデイズ!

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    犬や猫に多い菌による肌荒れ対策に開発された高い抗菌効果が期待できる化粧水

    皮膚炎の原因が「菌」であれば高い効果あり!薬ではなく化粧水ですから飲み薬による副作用の心配もなく、長く続けられる点がメリットです。化学薬品無添加ではないが食品添加物を使っているので安全性は高いです。価格が手ごろなのも嬉しい点です!

    公式サイトへ
    内容量価格
    -1600円、送料別途
    特徴
    高い抗菌効果。バリア機能の修復。
    pH値を整える
  • No.3A.P.D.C. モイスチャーミスト

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    ナチュラルで抗菌作用があるオイルをふんだんに配合した化粧水

    毛並みを良くしたり被毛のツヤ出しが得意なミストで、特に目立った皮膚炎はない換毛期のお手入れに最適です。老犬のグルーミングにもぴったりで、特に毛の長い犬には重宝する一品!シャンプー後の被毛のケアに役立ちます。

    公式サイトへ
    内容量価格
    125mL1080円
    特徴
    保湿効果。
    ナチュラルオイルで安心
  • No.4ヨロチコシャンプー

    犬のアトピーやアレルギー対策に開発された温泉の抗炎症成分配合の無添加化粧水

    敏感肌のペットシャンプーはコレ!まるで人間仕様な安心成分

    シャンプーを変えるだけで肌の乾燥やフケが改善される事例もあり!軽度から重度の皮膚炎まで幅広く対応します。美容室で使われてもおかしくないほど洗浄成分から保湿成分まで厳選されており、ペットシャンプーでは珍しい「アミノ酸系」の洗浄成分で安心です。

    公式サイトへ
    内容量価格
    300mL2592円
    特徴
    人も使えるシャンプー、ノンシリコン、ノンカチオン、アミノ酸系

なるほど納得!ペットの皮膚トラブルやスキンケア事情

お役立ち!ペットの雑学

人気記事

ページの先頭へもどる